ウィキペディア(Wikipedia)より引用
:横浜ベイスターズ
横浜ベイスターズ(Yokohama BayStars)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団のひとつ。 球団事務所は本拠地の横浜スタジアムの近くにある、関内新井ビル7階(横浜市中区尾上町) 2軍の球団名は湘南シーレックス。2軍の本拠地は横須賀スタジアム(神奈川県横須賀市)。練習所及び合宿所は、横須賀市の横浜ベイスターズ総合練習場。

月別アーカイブ

 2007年07月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜新人・高崎ホロ苦先発デビュー「責任を果たせず残念です」 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000028-sanspo-spo
 (セ・リーグ、阪神9-4横浜、13回戦、阪神8勝5敗、29日、甲子園)希望枠ルーキーの高崎(日産自動)が、プロ初先発でホロ苦デビュー。5回8安打5失点で黒星を喫した。三回、佐伯の8号ソロで先制点をもらった直後、シーツに逆転3点適時打を浴び、五回にも2失点。「制球面がまったくでした。先発で起用してもらったのに責任を果たせず残念です」とガックリ。大矢監督も「次回(の先発)はわからない」と厳しい表情だった。



◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

鳥谷猛打賞!甲子園アーチで12連勝 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 【阪神9−4横浜】阪神の鳥谷が、甲子園でアーチを架ければ負けない。3安打3打点。連夜の大爆発にも鳥谷は「(本塁打は)四球の後だったし、思い切り打った。積極的に打ちにいっていることが、いい結果につながっている」と淡々としたものだ。 3回に左前打、5回は右翼線三塁打。そして6回には右越えにダメ押しの5号2ランが飛び出した。鳥谷が甲子園で本塁打した試合は12連勝中。サイクル安打が懸かった8回は見逃し三振に倒れて快挙は逃したものの、前夜の4安打に続いて早くも昨季と並ぶ11度目の猛打賞と勢いは止まらない。上体で打ちにいっていた打撃フォームに気づいて最近修正。「画像を見て姿勢の悪さに気づいた」。いい状態で待てるようになったことで、苦労していた内角球もさばけるようになり、本来の打撃が戻った。 今季は連続無安打試合は最長でも3試合。安定してきた証拠でもある。チームは今季初となる3カード連続勝ち越し。3位横浜に再び1ゲーム差まで詰め、貯金生活に入った。首位巨人までは4・5ゲーム差。阪神の斬り込み隊長が熱い夏を盛り上げる。 <横浜 高崎先発“失格”>横浜のルーキー高崎が甲子園でほろ苦い先発デビューだ。初回から最速149キロの直球で強気に攻めるも、3回2死満塁からシーツに走者一掃の左翼線二塁打を浴び、5回にも3連打で2失点。5回5失点で降板し「逆球が多かった。腕は振れていたと思いますが…」と言葉少なだった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

鳥谷猛打賞!甲子園アーチで12連勝 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000002-spn-spo
 【阪神9-4横浜】阪神の鳥谷が、甲子園でアーチを架ければ負けない。3安打3打点。連夜の大爆発にも鳥谷は「(本塁打は)四球の後だったし、思い切り打った。積極的に打ちにいっていることが、いい結果につながっている」と淡々としたものだ。

 3回に左前打、5回は右翼線三塁打。そして6回には右越えにダメ押しの5号2ランが飛び出した。鳥谷が甲子園で本塁打した試合は12連勝中。サイクル安打が懸かった8回は見逃し三振に倒れて快挙は逃したものの、前夜の4安打に続いて早くも昨季と並ぶ11度目の猛打賞と勢いは止まらない。上体で打ちにいっていた打撃フォームに気づいて最近修正。「画像を見て姿勢の悪さに気づいた」。いい状態で待てるようになったことで、苦労していた内角球もさばけるようになり、本来の打撃が戻った。

 今季は連続無安打試合は最長でも3試合。安定してきた証拠でもある。チームは今季初となる3カード連続勝ち越し。3位横浜に再び1ゲーム差まで詰め、貯金生活に入った。首位巨人までは4・5ゲーム差。阪神の斬り込み隊長が熱い夏を盛り上げる。

 <横浜 高崎先発“失格”>横浜のルーキー高崎が甲子園でほろ苦い先発デビューだ。初回から最速149キロの直球で強気に攻めるも、3回2死満塁からシーツに走者一掃の左翼線二塁打を浴び、5回にも3連打で2失点。5回5失点で降板し「逆球が多かった。腕は振れていたと思いますが…」と言葉少なだった...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

【横浜】プロ初先発の高崎が黒星 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
<阪神9-4横浜>◇29日◇甲子園
 横浜は逆転負けで、連勝はならなかった。新人の高崎がプロ初先発。3回に佐伯の8号ソロで先制したが、その裏に3失点で逆転された。高崎は「先発で起用してもらったので何とかゲームをつくりかったのですが、責任を果たせず残念です」。大矢監督は「もう少し変化球の制球をよくしないと」と、奮起を促した。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

Aクラスは渡さん!横浜が阪神戦の連敗を「6」でストップ 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 (セ・リーグ、阪神2-7横浜、12回戦、阪神7勝5敗、28日、甲子園)阪神戦の連敗を6で止めた。五回に村田が同点の左前打。その後、満塁から吉村の押し出し四球で勝ち越した。前日27日の敗戦で4位・阪神に1ゲーム差にせまられたが、再び2差。大矢監督は「(中断は)通り雨だと思っていたから、次に何の球がくるか考えていた。あとは選手にきいてやってください」と冷静だった。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜5回一気逆転!連敗ストップ 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 【横浜7−2阪神】横浜は連敗を3で止め上位戦線に踏みとどまった。初回に2点を先制されたが、5回、村田の左前適時打で同点に追いつき、なおも2死満塁で雨脚が強くなり24分間の雨天中断。直後に吉村、代打・鈴木尚が連続押し出し四球、さらに相川の左前適時打で計4点を奪い試合を決めた。幸運の雨にも大矢監督は「(雨天中断がなくても)多分流れは同じだった。向こうは手詰まりだったしね」と余裕の表情。阪神戦の連敗を6で止めて、これで首位巨人には再び2・5差に接近。指揮官は「きょうは目いっぱいの継投に、つながりのある攻撃もできた。これがあすにつながってくれたら」と期待を寄せていた。 <阪神 連勝6でストップ>満員の甲子園からため息がもれた。阪神の5回の守備が延々と続いたからだ。1点リードが3点のビハインドとなり、13安打の打線も2回以降無得点。連勝は6でストップした。先発・岩田は5回2死までこぎ着けながら村田の左前打で同点とされ、佐伯に四球を与え降板。2番手・渡辺も24分間の降雨中断と不運はあったが、吉村と代打・鈴木尚に連続押し出し四球を与え沈没。「あと1死で勝ち投手の権利があるわけだから」と岡田監督は岩田の投球に首をひねった。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜5回一気逆転!連敗ストップ 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 【横浜7-2阪神】横浜は連敗を3で止め上位戦線に踏みとどまった。初回に2点を先制されたが、5回、村田の左前適時打で同点に追いつき、なおも2死満塁で雨脚が強くなり24分間の雨天中断。直後に吉村、代打・鈴木尚が連続押し出し四球、さらに相川の左前適時打で計4点を奪い試合を決めた。幸運の雨にも大矢監督は「(雨天中断がなくても)多分流れは同じだった。向こうは手詰まりだったしね」と余裕の表情。阪神戦の連敗を6で止めて、これで首位巨人には再び2・5差に接近。指揮官は「きょうは目いっぱいの継投に、つながりのある攻撃もできた。これがあすにつながってくれたら」と期待を寄せていた。

 <阪神 連勝6でストップ>満員の甲子園からため息がもれた。阪神の5回の守備が延々と続いたからだ。1点リードが3点のビハインドとなり、13安打の打線も2回以降無得点。連勝は6でストップした。先発・岩田は5回2死までこぎ着けながら村田の左前打で同点とされ、佐伯に四球を与え降板。2番手・渡辺も24分間の降雨中断と不運はあったが、吉村と代打・鈴木尚に連続押し出し四球を与え沈没。「あと1死で勝ち投手の権利があるわけだから」と岡田監督は岩田の投球に首をひねった。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

球団新!三浦35回無失点で平松超え 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
 ◆阪神5−2横浜(27日・甲子園) 三浦が天を仰いだ。何とも切ない“幕切れ”だった。両軍無得点の5回2死満塁のピンチ。代打・矢野の打球は一塁ベースに当たって右前へ抜ける不運な2点タイムリーとなった。6月30日、阪神戦(横浜)から続いていた無失点記録は35回でストップ。「球が真ん中に集まり、失点につながってしまった」と悔しがった。 それでも、球団史には名を刻んだ。3回を投げ終えた時点で、69年に平松政次がマークした33回1/3を球団記録を超えた。「反省すべき課題がたくさん出た試合になってしまいました」と、記録更新にも笑顔はなかった。 緊張の糸が切れたかのように、三浦は6回無死から5連続長短打を浴びるなど、6回途中8安打5失点で8敗目。チームは3連敗を喫し、阪神には6連敗。4位に1ゲーム差に迫られ、大矢監督は「勝たなきゃ下に行くだけだから」と唇をかみしめた。写真はコチラ

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

球団新!三浦35回無失点で平松超え 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 ◆阪神5-2横浜(27日・甲子園) 三浦が天を仰いだ。何とも切ない“幕切れ”だった。両軍無得点の5回2死満塁のピンチ。代打・矢野の打球は一塁ベースに当たって右前へ抜ける不運な2点タイムリーとなった。6月30日、阪神戦(横浜)から続いていた無失点記録は35回でストップ。「球が真ん中に集まり、失点につながってしまった」と悔しがった。
写真はコチラ

 それでも、球団史には名を刻んだ。3回を投げ終えた時点で、69年に平松政次がマークした33回1/3を球団記録を超えた。「反省すべき課題がたくさん出た試合になってしまいました」と、記録更新にも笑顔はなかった。

 緊張の糸が切れたかのように、三浦は6回無死から5連続長短打を浴びるなど、6回途中8安打5失点で8敗目。チームは3連敗を喫し、阪神には6連敗。4位に1ゲーム差に迫られ、大矢監督は「勝たなきゃ下に行くだけだから」と唇をかみしめた。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

アニキが番長引きずり降ろし虎5割 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 【阪神5―2横浜】勢いが止まらない。相手が連続無失点の球団記録を更新中の三浦でも関係なかった。5回だ。岡田監督の積極采配が試合を動かした。1死一、三塁で上園に代打を送る。桧山は三振に倒れたが、なおも満塁として代打に送った矢野が勝負強さを発揮した。流し打った打球は一塁ベースに当たってバウンドが変わり、右翼線へ抜けた。「みんなでつくったチャンスを生かしたかった」。貴重な先制点をもたらした一撃で三浦のゼロ更新を35回で止めた。実は無失点記録が始まった6月30日の阪神戦(横浜)で最後に失点をつけたのも、2回に満塁から矢野が放った2点二塁打だった。 6回には矢野と同級生の金本が試合を決める一発を放った。先頭で打席に立つと、直球をとらえて右中間席へ2試合連続の23号。「かなり詰まったので入るとは思わなかったよ」。その後も4連続安打で計3点を奪い、ついに三浦をマウンドから引きずり降ろした。 ベテランコンビの活躍で、チームは今季初の6連勝。約3カ月ぶりに貯金も手にした。それでもまだ満足するわけにはいかない。お立ち台で矢野は言った。「ナゴヤドームからいい形で甲子園に戻って来られた。甲子園はとりあえずあと5試合ですか。全部勝って遠征に出たい」。プレーオフ圏内の3位・横浜まで1ゲーム差。猛虎の進撃はまだまだ続く。 <横浜 ベースに止められた無失点記録>三浦が運に見放された。5回2死満塁で代打・矢野。フォークで一ゴロに抑えたと思ったが、一塁ベースに当たって右前へ抜ける2点打となって無失点記録は35回でストップ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜、マットホワイト使える…新外国人左腕が6回途中4失点 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 ◆巨人4−2横浜(26日・東京ドーム) チームは連敗…。しかし、投手陣には、かすかな光がさした。新外国人投手のマットホワイトが来日初登板初先発し、6回途中8安打4失点。負け投手とはなったが、投球内容に首脳陣も満足。大矢監督は「先が楽しみだよ」とローテーション入りにGOサインだ。 2軍で2試合に先発して、合計7イニングを被安打18、失点16。防御率は20・57。しかし、「大きい舞台で、集中力が増したよ」と本領を発揮した。直球は140キロ前後だが球持ちが良く、打者の手元で伸び、小笠原ら左打者を詰まらせた。 野村投手コーチは「真っすぐに左打者が嫌そうに振ってたね」と評し、受けた相川も「制球もいいし試合も作れる」と絶賛。来日当初はセットポジションをボークに取られるなどしたが、短期間で修正。「今日の登板で自信がついたよ」メジャー未勝利の29歳左腕が、クライマックスシリーズへの救世主に名乗りを上げた。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

ハマ三浦、貯金のススメ…物足りない8勝7敗の「1」 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 横浜は後半戦の出足でつまずき、4位阪神との3連戦を前に、3位キープがあやしくなってきた。きょう27日、先発予定は“ハマの番長”三浦。エースで臨む決戦を落とすようでは、今後の戦いに深刻な影を落としてしまう。

 2位はおろか、展開しだいでは、首位もうかがおうかという巨人3連戦でイヤ~な負け越し。ところが、だ。不思議と大矢監督は「今日の試合は紙一重でした。『ハシにも棒にもかからない戦いをして、力負けしたわけではない』と、(ミーティングで)選手たちに話してきたところです。数字的には負け越しですが、これから十分にやっていける」と、前向きだったりする。

 確かに初先発の左腕マットホワイトは、6回途中まで4失点とまずまずで、指揮官を「ボールのキレがいいピッチャーだな、という感じ。これから日本の野球スタイルに慣れてくれればね。先が楽しみ」と安心させた。巨人キラーの土肥が腰痛で戦線離脱しているなか、左腕の先発が1枚増えたのは大きい。

 加えて7、8回に2点ビハインドの展開ながら投入した川村、木塚、那須野の中継ぎ3本柱が好投。大矢監督が「紙一重」といったように、勝利に等しい締まったゲームを演出できた。

 とはいえ、振り向けば2ゲーム差に虎-。しかも、その阪神ときょうから甲子園で戦う。特に第1戦で、先発予定のエース三浦で負けると士気が下がり、このままズルズルと後退しかねない。

 三浦は前半戦“千秋楽”の登板で今季8勝目を挙げたが、ここまで7敗しており、自身の貯金はわずかに1という状態だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

負けても“使える”横浜マットホワイト 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
 【横浜2―4巨人横浜連敗の中で収穫だったのが初登板初先発だった新外国人のマットホワイト。初回、高橋由に先頭打者本塁打を浴び「あれで目が覚めた」と気合を入れ直すと、スライダーとチェンジアップを効果的に内、外角に投げ分け5回まで2失点。同点に追いついた6回に2点を失い降板したが大矢監督は「制球で崩れるような投手ではない。ローテーション入り?そうですね」と合格点を与えていた。 ▼横浜・村田(6回、バックスクリーンへ15号ソロ)よく飛びましたね。外角に変化球を投げた後だったので内角に直球が来ると思った。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜、マットホワイト使える…新外国人左腕が6回途中4失点 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 ◆巨人4-2横浜(26日・東京ドーム) チームは連敗…。しかし、投手陣には、かすかな光がさした。新外国人投手のマットホワイトが来日初登板初先発し、6回途中8安打4失点。負け投手とはなったが、投球内容に首脳陣も満足。大矢監督は「先が楽しみだよ」とローテーション入りにGOサインだ。

 2軍で2試合に先発して、合計7イニングを被安打18、失点16。防御率は20・57。しかし、「大きい舞台で、集中力が増したよ」と本領を発揮した。直球は140キロ前後だが球持ちが良く、打者の手元で伸び、小笠原ら左打者を詰まらせた。

 野村投手コーチは「真っすぐに左打者が嫌そうに振ってたね」と評し、受けた相川も「制球もいいし試合も作れる」と絶賛。来日当初はセットポジションをボークに取られるなどしたが、短期間で修正。「今日の登板で自信がついたよ」メジャー未勝利の29歳左腕が、クライマックスシリーズへの救世主に名乗りを上げた。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

ハマの億万長者・マットホワイト、超セレブ対決敗れ貯金減らす 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000022-sanspo-spo
 (セ・リーグ、巨人4-2横浜、14回戦、巨人10勝4敗、26日、東京ドーム)“ハマの億万長者”の異名をとる新外国人・マットホワイトが、来日初登板初先発。奮闘むなしく、巨人を単独首位に押し上げてしまった。

 「六回の連続弾で同点になり、勇気づけられた。それだけにその裏、スコアボードに0を入れられず悔しいよ」

 六回途中まで8安打4失点で敗戦投手になったが試合を作り、「(ボールに)キレもあったし、先が楽しみ」と大矢監督を納得させた。

 実はこのマットホワイト、超セレブだ。米国で所有する土地から、24億ドル(約2976億円)相当の大理石が出土。この日はスタメン9人の年俸総額が『20億2700万円』のG打線との超セレブ対決だった。

 ちなみにメジャー最高年俸選手のヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(31)は、10年総額で2億5200万ドル(約302億4000万円)の大型契約を結んでいるが、そんな“世界一お金持ちのメジャーリーガー”をはるかに上回る資産を持つ男。イースタン・リーグ2試合の計7イニングで18安打16失点、防御率が20.57だったことを考えると、上々のデビュー戦だった。

 「次に向けて、さっそく準備を始めたい」。クライマックス・シリーズを目指す横浜の一員として、セレブはこれから輝きを放つ。



◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

負けても“使える”横浜マットホワイト 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
 【横浜2―4巨人横浜連敗の中で収穫だったのが初登板初先発だった新外国人のマットホワイト。初回、高橋由に先頭打者本塁打を浴び「あれで目が覚めた」と気合を入れ直すと、スライダーとチェンジアップを効果的に内、外角に投げ分け5回まで2失点。同点に追いついた6回に2点を失い降板したが大矢監督は「制球で崩れるような投手ではない。ローテーション入り?そうですね」と合格点を与えていた。

 ▼横浜・村田(6回、バックスクリーンへ15号ソロ)よく飛びましたね。外角に変化球を投げた後だったので内角に直球が来ると思った。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

プロタイ!高橋由今季8本目先頭弾 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
 【巨人13−7横浜巨人・高橋由伸外野手(32)が25日の横浜戦でプロ野球タイ記録となるシーズン8本目の初回先頭打者本塁打を放った。4回にも貴重な追加点となる22号ソロを放ち、負ければ4連敗、4月12日以来104日ぶりに3位転落となる一戦でチームを救った。V奪回の切り札として原辰徳監督(49)が指名したリードオフマン。正念場の戦いで、ファンと指揮官の期待に応えた。 お立ち台での高橋由は興奮する感情を抑え込み、落ち着いていた。今季4度目の1試合2発。それよりもチームの連敗脱出を喜んだ。 「残り試合が勝負。きょうはきょうで終わったことなので、あしたもいいゲームができるように頑張りたい」 記録的な1本目。2点を先制された直後の初回の第1打席、初球の真ん中スライダーを右翼席に運んだ。今季8本目の先頭打者弾はプロ野球タイ記録。先頭での初球弾は今季3本目となり「何て言っていいか分からない」と振り返った。自画自賛の2本目。4回2死から、内寄りの甘いカーブを左中間に運び「自分でもびっくりするくらいうまく打てた」 8回に右前打し今季100安打。好調の理由は1本足の改良にある。「自分なりにいろいろなタイミングで上げている。無意識のうちに」と明かした。右足を上げる高さ、時間は打席ごとに変わる。どんな投手にでも対応できる形を模索した結果だった。普段見慣れない投手を打ち込み交流戦では打率・360、8本塁打をマークした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜・寺原が移籍後最短4回3被弾でKO…2位浮上ならず 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 (セ・リーグ、巨人13-7横浜、13回戦、巨人9勝4敗、25日、東京ドーム)横浜先発の寺原は高橋由に先頭打者本塁打を浴びるなど、3被弾で移籍後最短の4回降板。「先制直後に逆転されて、四回も得点後に失点して…。チームの流れを止めて申し訳ない」とうなだれた。2位奪取には失敗したが、大矢監督は「最後に若い選手が本塁打を打ったりして明日につながる」と前向き。26日の3戦目でまずは勝ち越しを狙う。
(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

プロタイ!高橋由今季8本目先頭弾 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000000-spn-spo
 【巨人13-7横浜巨人・高橋由伸外野手(32)が25日の横浜戦でプロ野球タイ記録となるシーズン8本目の初回先頭打者本塁打を放った。4回にも貴重な追加点となる22号ソロを放ち、負ければ4連敗、4月12日以来104日ぶりに3位転落となる一戦でチームを救った。V奪回の切り札として原辰徳監督(49)が指名したリードオフマン。正念場の戦いで、ファンと指揮官の期待に応えた。

 お立ち台での高橋由は興奮する感情を抑え込み、落ち着いていた。今季4度目の1試合2発。それよりもチームの連敗脱出を喜んだ。

 「残り試合が勝負。きょうはきょうで終わったことなので、あしたもいいゲームができるように頑張りたい」

 記録的な1本目。2点を先制された直後の初回の第1打席、初球の真ん中スライダーを右翼席に運んだ。今季8本目の先頭打者弾はプロ野球タイ記録。先頭での初球弾は今季3本目となり「何て言っていいか分からない」と振り返った。自画自賛の2本目。4回2死から、内寄りの甘いカーブを左中間に運び「自分でもびっくりするくらいうまく打てた」

 8回に右前打し今季100安打。好調の理由は1本足の改良にある。「自分なりにいろいろなタイミングで上げている。無意識のうちに」と明かした。右足を上げる高さ、時間は打席ごとに変わる。どんな投手にでも対応できる形を模索した結果だった。普段見慣れない投手を打ち込み交流戦では打率・360、8本塁打をマークした...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

【横浜】今季最多の13失点 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000002-nks_fl-base
巨人13-7横浜>◇25日◇東京ドーム
 横浜巨人打線に15安打を許し、今季最多の13失点で敗れた。勝てば2位浮上だったが惨敗に、大矢監督は「相手ペースの試合だった」と言葉少なだった。これで今3連戦は1勝1敗。3戦目での勝ち越しを誓った。



◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜・寺原が移籍後最短4回3被弾でKO…2位浮上ならず 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000032-sanspo-spo
 (セ・リーグ、巨人13-7横浜、13回戦、巨人9勝4敗、25日、東京ドーム)横浜先発の寺原は高橋由に先頭打者本塁打を浴びるなど、3被弾で移籍後最短の4回降板。「先制直後に逆転されて、四回も得点後に失点して…。チームの流れを止めて申し訳ない」とうなだれた。2位奪取には失敗したが、大矢監督は「最後に若い選手が本塁打を打ったりして明日につながる」と前向き。26日の3戦目でまずは勝ち越しを狙う。



◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

プロタイ!高橋由今季8本目先頭弾 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 【巨人13−7横浜巨人・高橋由伸外野手(32)が25日の横浜戦でプロ野球タイ記録となるシーズン8本目の初回先頭打者本塁打を放った。4回にも貴重な追加点となる22号ソロを放ち、負ければ4連敗、4月12日以来104日ぶりに3位転落となる一戦でチームを救った。V奪回の切り札として原辰徳監督(49)が指名したリードオフマン。正念場の戦いで、ファンと指揮官の期待に応えた。 お立ち台での高橋由は興奮する感情を抑え込み、落ち着いていた。今季4度目の1試合2発。それよりもチームの連敗脱出を喜んだ。 「残り試合が勝負。きょうはきょうで終わったことなので、あしたもいいゲームができるように頑張りたい」 記録的な1本目。2点を先制された直後の初回の第1打席、初球の真ん中スライダーを右翼席に運んだ。今季8本目の先頭打者弾はプロ野球タイ記録。先頭での初球弾は今季3本目となり「何て言っていいか分からない」と振り返った。自画自賛の2本目。4回2死から、内寄りの甘いカーブを左中間に運び「自分でもびっくりするくらいうまく打てた」 8回に右前打し今季100安打。好調の理由は1本足の改良にある。「自分なりにいろいろなタイミングで上げている。無意識のうちに」と明かした。右足を上げる高さ、時間は打席ごとに変わる。どんな投手にでも対応できる形を模索した結果だった。普段見慣れない投手を打ち込み交流戦では打率・360、8本塁打をマークした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

プロタイ!高橋由今季8本目先頭弾 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000000-spn-spo
 【巨人13-7横浜巨人・高橋由伸外野手(32)が25日の横浜戦でプロ野球タイ記録となるシーズン8本目の初回先頭打者本塁打を放った。4回にも貴重な追加点となる22号ソロを放ち、負ければ4連敗、4月12日以来104日ぶりに3位転落となる一戦でチームを救った。V奪回の切り札として原辰徳監督(49)が指名したリードオフマン。正念場の戦いで、ファンと指揮官の期待に応えた。

 お立ち台での高橋由は興奮する感情を抑え込み、落ち着いていた。今季4度目の1試合2発。それよりもチームの連敗脱出を喜んだ。

 「残り試合が勝負。きょうはきょうで終わったことなので、あしたもいいゲームができるように頑張りたい」

 記録的な1本目。2点を先制された直後の初回の第1打席、初球の真ん中スライダーを右翼席に運んだ。今季8本目の先頭打者弾はプロ野球タイ記録。先頭での初球弾は今季3本目となり「何て言っていいか分からない」と振り返った。自画自賛の2本目。4回2死から、内寄りの甘いカーブを左中間に運び「自分でもびっくりするくらいうまく打てた」

 8回に右前打し今季100安打。好調の理由は1本足の改良にある。「自分なりにいろいろなタイミングで上げている。無意識のうちに」と明かした。右足を上げる高さ、時間は打席ごとに変わる。どんな投手にでも対応できる形を模索した結果だった。普段見慣れない投手を打ち込み交流戦では打率・360、8本塁打をマークした...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

【横浜】今季最多の13失点 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000002-nks_fl-base
巨人13-7横浜>◇25日◇東京ドーム
 横浜巨人打線に15安打を許し、今季最多の13失点で敗れた。勝てば2位浮上だったが惨敗に、大矢監督は「相手ペースの試合だった」と言葉少なだった。これで今3連戦は1勝1敗。3戦目での勝ち越しを誓った。



◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

大矢監督の来季続投が確実に 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 横浜・大矢明彦監督(59)の来季続投が確実となった。23日、佐々木邦昭球団社長(60)は3年契約の同監督について「前半戦の結果を振り返ってみても十分やってくれている」として前年最下位のチームを前半戦3位まで押し上げた手腕を評価。「シーズン中にも“来季もお願いします”という要請をします」とした。その一方で「来季が最下位ならそうはいかないかも」ときっぱり。2年目以降は成績次第で契約途中での解任も示唆するなど、厳しい姿勢を打ち出した。 大矢監督は今季10年ぶりに現場復帰。2位巨人に1・5ゲーム差でクライマックスシリーズ圏内をキープするなど大健闘している。佐々木社長の続投要請に「社長にそう言っていただけて、満足してもらっていると思います」と笑顔を見せて、後半戦のさらなる飛躍を誓った。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

工藤“唯我独損”…「200勝」に中継ぎ陣オドオド 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000012-ykf-spo
 24日、後半戦の“開幕投手”を任された横浜・工藤が中継ぎの崩れにハラハラさせられながらも今季3勝目をあげた。それにしても、なぜ工藤の登板時には決まってリリーフ陣が打ち込まれるのだろう。

 インタビュアーから「見事な勝利でした」とマイクを向けられ、44歳のベテランは思わず首をひねった。「ここ最近では一番悪かった。ホント、よくなかったんですよ。ヒヤヒヤだった」という自身の投球内容はともかく、一時は1点差に迫られ、薄氷を踏む思い。とても「見事な勝利」とはいえなかった。

 3点のリードをもらって8回に登板した4番手の那須野が李、阿部に連続被弾。大矢監督は「力み過ぎかなぁ。明日またお返ししてくれればいい」としつつも、左腕セットアッパーがこの調子では、先々の見通しは暗い。思えば工藤が登板した前回の巨人戦でも、1点リードの展開からリリーフ4人が5点を献上し、工藤の勝利を消してしまった。

 どうして、このような「工藤現象」が起きてしまうのか。コーチの1人は「200勝を達成した投手をリリーフするなんて、ウチの投手には経験なかったしな。『工藤さんの勝ちを消したらどうしよう』という思いが強すぎるのだろう」と指摘。なるほど、マウンド上の那須野にいつもの威圧感はなく、どこかオドオドしているようにしか見えなかった。

 「巨人の上原みたいな唯我独尊タイプがリリーフ、特に抑えにはもってこい。誰の勝ちを消そうが気にせずケロッとしていられる性格だから、原さんはストッパー上原にこだわってきたんだろ? 那須野あたりにも、ああいうずぶとさがあればいいのだが…」(同)

 工藤にとっての巨人戦初勝利は、今季3勝目...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜工藤が史上初13球団から勝ち星 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000042-nks-base
巨人4-8横浜>◇24日◇東京ドーム
 ハマの不惑左腕が快挙を成し遂げた。横浜工藤公康投手(44)が24日の巨人12回戦(東京ドーム)で6回2失点と好投。古巣から初勝利を挙げ、プロ野球史上6人目の全12球団勝利を達成した。工藤は消滅した近からも勝っており「現12球団+近」は初めてだ。3位横浜が2位巨人を倒し、首位中日も敗れたため、3強が1・5ゲーム差に大接近。ペナントレースは後半戦開幕初日から、戦国セ・リーグの様相を呈してきた。
 ヒーローインタビューの第1声が、工藤の気持ちを表していた。「やっと勝てました」。すっきりした表情から、自然と笑みがこぼれた。“4度目の正直”で古巣巨人から初勝利。「ここ最近では1番悪かった。東京ドームは、球が上がるとどうなるか分からない。低めを思って投げました」。投げ慣れたマウンドが、6回2失点というパフォーマンスを引き出した。
 4回だ。1-0とわずか1点リードの緊迫した場面。先頭二岡に中前打を許したが、ここからベテランの力を発揮した。続く新4番小笠原は、初球を内角137キロ直球でファウル。続く2球目、外のスライダーを振らせ、あっさり中飛。早打ちする主砲を左右の揺さぶりで攻めた。5番李は内野安打で1死一、二塁とされたが、6番阿部は「開き直って投げた」139キロ高めの直球で空振り三振。後続も断ち0行進を続け、5回に味方の満塁弾を呼び込んだ。
 巨人に、勝てなかった...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

【プロ野球】横浜・工藤、初のG倒 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
 ■13球団から勝利、26年の技と意地

 横浜の工藤公康投手(44)は24日、巨人12回戦で勝利投手となり、現存する12球団すべてから白星を挙げた。工藤は消滅した近と新規参入した楽天からも交流戦で白星を挙げており、13球団からの勝利となった。全球団からの勝利は野村収、古賀正明、武田一浩(以上移籍による達成、楽天を除く)門倉健(交流戦による達成、近を除く)吉井理人(移籍による達成、近を除く)に次いで6人目。過去には1947年から55年にかけて緒方俊明が15球団から勝利したことがある。

                  ◇

 ベテラン左腕にとって通算218勝目は格別な1勝になった。横浜の工藤が6回2失点に抑え、「やっと勝てました」。これまで唯一勝ち星がなかった巨人から4度目の対戦で挙げた初勝利だったが、試合後はウイニングボールを惜しげもなく左翼席へ投げ入れた。

 前半戦の巨人との対戦成績は0勝3敗、防御率7・98と散々たる内容だった。それでも大矢監督は、数日前から後半戦最初の先発を工藤に託すことを決めていた。「必死にトレーニングを続けて状態を上げていたからね」。44歳は不振の中でも見続けてくれた指揮官の思いを意気に感じながらマウンドに上がった。

 「調子はここ最近で一番悪かった」という。三回を除き毎回走者を出したが、そこからがベテランの真骨頂。緩急を自在に操る持ち前の投球術で五回まで三塁を踏ませなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

工藤G倒!史上6人目全球団勝利 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 【横浜8-4巨人】“ハマのおじさん”が金字塔を打ち立てた。横浜・工藤公康投手(44)が24日の巨人戦で6回を7安打2失点の好投。古巣から初勝利を挙げ、史上6人目となる全球団勝利(13球団目)を達成した。44歳2カ月で手にした先発での巨人戦白星は、中日・山本昌を抜く最高齢記録。チームも2位・巨人に0・5ゲーム差に迫り、最高の形で後半戦のスタートを切った。

 「巨人戦初勝利」と書いたウイニングボールは、迷わず横浜ファンが待つ左翼席に投げ入れた。昨オフ、門倉のFAに伴う人的補償のプロテクト選手から外された古巣を相手に、今季4戦目の先発で初勝利。史上6人目の全球団勝利を達成し、巨人戦の先発での最年長勝利記録も更新した左腕はホッと胸をなで下ろした。

 「やっと勝てましたね。何とか勝ちたいと思っていた。村田くんの満塁本塁打が僕に勇気をくれました」

 序盤から直球の制球が乱れ、変化球で何とかカウントをそろえた。「最近で一番悪かった」と振り返るように最速も139キロ止まり。それでも、要所では直球がさえた。2回無死二塁、李スンヨプを内角低めの138キロで見逃し三振に取ると、ホリンズは内角低めのボール球で空振り三振。6奪三振のうち、5個を直球で奪い「もう開き直って投げた。ここの球場は打球が上がるとどうなるか分からないし、低めに投げることだけを心掛けた」。6回、李に2ランを浴びたが6回を投げ失点はこれだけ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

横浜工藤が史上初13球団から勝ち星 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000042-nks-base
巨人4-8横浜>◇24日◇東京ドーム
 ハマの不惑左腕が快挙を成し遂げた。横浜工藤公康投手(44)が24日の巨人12回戦(東京ドーム)で6回2失点と好投。古巣から初勝利を挙げ、プロ野球史上6人目の全12球団勝利を達成した。工藤は消滅した近からも勝っており「現12球団+近」は初めてだ。3位横浜が2位巨人を倒し、首位中日も敗れたため、3強が1・5ゲーム差に大接近。ペナントレースは後半戦開幕初日から、戦国セ・リーグの様相を呈してきた。
 ヒーローインタビューの第1声が、工藤の気持ちを表していた。「やっと勝てました」。すっきりした表情から、自然と笑みがこぼれた。“4度目の正直”で古巣巨人から初勝利。「ここ最近では1番悪かった。東京ドームは、球が上がるとどうなるか分からない。低めを思って投げました」。投げ慣れたマウンドが、6回2失点というパフォーマンスを引き出した。
 4回だ。1-0とわずか1点リードの緊迫した場面。先頭二岡に中前打を許したが、ここからベテランの力を発揮した。続く新4番小笠原は、初球を内角137キロ直球でファウル。続く2球目、外のスライダーを振らせ、あっさり中飛。早打ちする主砲を左右の揺さぶりで攻めた。5番李は内野安打で1死一、二塁とされたが、6番阿部は「開き直って投げた」139キロ高めの直球で空振り三振。後続も断ち0行進を続け、5回に味方の満塁弾を呼び込んだ。
 巨人に、勝てなかった...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。