スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜打線拙攻10残塁 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
 ◆横浜0−2巨人(2日、横浜) 横浜ベンチに、ため息が充満した。6度も得点圏に走者を進めながらも、あと一本が出ずに10残塁。5度目の完封負けとなった。高橋尚に今季計21回を2得点に抑え込まれ3連敗。1日の木佐貫に続き、苦手意識がふくらんだ。大矢監督は「崩すところまでたどりつけなかった」と唇をかみしめた。 来日2度目の先発となったマットホワイトは、粘りながら7回を4安打1失点。指揮官が「良かった」とたたえた通り、MAX146キロの直球に多彩な変化球を低めに集めたが、援護がなかった。 これで、後半戦3カード連続負け越し。4位・阪神ともゲーム差なし。6月6日以来のBクラス転落の危機を迎えた。「2週続けて1勝2敗。(巨人の)壁は厚かったな」大矢監督に哀愁がただよっていた。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1017-ae761afe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。