スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦を学習!緊急先発の秦が今季初勝利 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 ◆横浜5−0中日(4日、横浜) 感謝の気持ちでいっぱいだった。今季初先発となった秦が5回を3安打無失点で今季初勝利。「野手のみなさんに良く守ってもらって、本当に助かった」慣れないお立ち台で照れ笑いを浮かべ、汗をぬぐった。 師匠と仰ぐ三浦そっくりの投球フォームで、淡々と投げ続けた。初回1死一、三塁のピンチではウッズをスライダーで空振り三振に、森野をフォークで、二ゴロに仕留めた。「フォーム似てる? 自主トレとかでいろいろと教わってますからね」三浦と同じように、100キロ台のスローカーブを駆使し、球の出どころが見づらい腕の振りで、強竜打線をほんろうした。 緊急登板にも動じなかった。この日の先発予定だった土肥が腰痛を再発させて登板を回避。「昨日の練習中に言われた。突然だったけど、緊張はしなかった」と度胸のよさも番長そっくり。活躍に半信半疑だった大矢監督を「タイミングをずらしてた。安定感があった」とうならせた。 三浦の前日(3日)の4回9失点の“KO劇”を間近で観察し「高い球があったんで、低めを意識しよう」と学習。そして、師のリベンジを成功させ、胸を張った。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1037-7e563341

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。