スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜一丸 阪神に0・5差だ 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
 【横3−2神】試合後、工藤はベンチ裏で大矢監督から「悪かったな」と頭を下げられた。44歳のベテランは「いやいや」と笑顔。6回2/3を投げ4安打1失点。自身に白星こそつかなかったが「チームが勝つことが大事。みんなで勝った、凄くいい試合だったと思うよ」と喜んだ。 7月31日の巨人戦(長野)で両脇腹、背中の張りを訴えて登録を抹消された。中10日での先発マウンドは阪神戦。4月15日の対戦(甲子園)では2/3回7失点KOされた相手だ。「やられたらやり返さないと」。直球はMAX146キロ。6三振のうち4つを直球で奪った。降板後に中継ぎ陣が同点とされたが、8回1死二塁で相川が決勝の左中間二塁打。その女房役、大矢監督とも「(工藤に)勝ちをつけたかった」と声をそろえたが、本人は意に介さなかった。 「(順位が)すぐ上のチームだし、阪神戦は大事。それにこういう接戦をものにすれば、チームの力も上がっていくよ」。これまで所属した西武、ダイエー、巨人で日本一を経験。“優勝請負人”は昨年最下位だった横浜の成長を肌で感じている。これで3位・阪神とは再び0・5差。この日から登場テーマ曲を「栄光の架橋」(ゆず)に替えた工藤が、奇跡への懸け橋となる。 ≪久保田「失投…」≫久保田が打たれた。同点に追いついた直後の8回裏、1死から連続二塁打を許した。「失投です。自分が悪い。取り返そうにも、この負けは消えませんから…」...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1072-01f974cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。