スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MS、新たにテレビ3社と提携 ビスタ乗り換え促進 

カルビー2001 プロ野球チップス タイトルカード 金城龍彦 No.T-04 
 マイクロソフト(MS)は29日、グラフィックス機能を向上させたパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズビスタ」を軸に展開する消費者向けサービス拡充のための、新たな提携先を発表した。魅力的なコンテンツ(情報の内容)を集めてビスタへの乗り換えを促すとともに、出遅れたネット分野での強化を目指す。
 マイクロソフトはニュースや地図などの情報を提供するネットサービスのMSNを展開する一方で、OSを軸にして「オンラインでもオフラインでもコンテンツを利用できる」(ダレン・ヒューストン社長)というコンテンツ再生機能「メディアセンター」をビスタで提供している。「メディアオンライン」と呼ばれる映画や音楽、ニュースなどを集めたサイトからネット経由でコンテンツを取り込み、リモコン操作で再生する機能だ。
 メディアオンラインにはすでにシネマナウ、スカパー!などがコンテンツを提供していたが、新たに日本テレビ、TBS、テレビ東京、電子書籍のイーブック・システムズが加わり提供企業は24社となった。
 TBSが提供する「ハマスタWAVE」は横浜ベイスターズの試合を10分遅れで配信。例えば「3回表」や「裏」からといった試合再生ができるほか、選手のデータなどを把握しながらの試合観戦を可能にした。
 MS日本法人のヒューストン社長は講演で「通信基盤や携帯端末が発達している日本の消費者のデジタルライフスタイルは世界に3~4年先んじている」と述べ、ネットサービスで先行するグーグルの路線とは異なる、OSを軸とした「ソフトウエア+サービス」を展開する考えを強調した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1152-9a235c0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。