スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田「つらい」36号キング弾 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007 エンタメセール1005 40%OFF
 【横浜1−10広島】ホームランを打った横浜・村田の方が泣いていた。中日・ウッズ、巨人・高橋由を突き放しリーグ単独トップに躍り出る36号ソロ。初のキングを引き寄せた男の目に涙がにじんでいた。 0―10と大敗ムードの9回2死。この日が引退試合の佐々岡がカウント1―3から真ん中高めに投じた137キロのボール球を「四球じゃおもしろくない。本塁打か三振でいいと思った」とフルスイング。左中間スタンド中段に消えた打球を見届けベースを1周すると、複雑な思いで涙があふれた。「本塁打を打ってこんなにつらい思いをしたのは生涯初です」 真剣勝負を決めていた。試合前に広島関係者から「佐々岡さんが出てきたら、打ってくれて構わない」と言われていた。全力を尽くすことが礼儀だと考えた。村田の思いは佐々岡にも通じていた。引退セレモニーを終え、球場内を1周する佐々岡に「すみませんでした」と歩み寄ると「これは真剣勝負。打ってくれて吹っ切れたし、悔いはない」と逆に笑顔でなだめられ、また目を潤ませた。 大矢監督は「村田は複雑な思いもあっただろうけど、(本塁打王という)目標があるからしょうがない。打ってほしいと思った」と主砲をかばった。帰り際に広島ファンから「何で打つんだよ」とば声を浴びせられた村田は「いい経験をさせてもらいました」と話した。残り3試合。佐々岡への感謝を胸に、本塁打王へ突き進む。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1214-9e90108b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。