スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担当医「球威上がる」!工藤の来季完投勝利に太鼓判 

FAMES Design NewEra キャップ ベイスターズ ネイビー x ネイビー x スカイブルー スカイブ...
 横浜・工藤公康投手(44)が20日、来季の活躍を確約された。16日に横浜市内の病院で左ひじの内視鏡手術を行った左腕に対し、担当医が「今年より球威も上がるし、長いイニングを投げられる」と太鼓判を押した。 この日、工藤は術後の経過報告のため、横須賀市内のベイスターズ球場を訪れた。報道陣に囲まれると「手術前は不安もあったけど、今は痛みもなく、手応えを感じている」と笑顔。練習から汗だくで引き揚げてくるチームメートに次々とあいさつされると「手術をさせてもらったので、責任感も感じている」と気を引き締めていた。 患部の状態は予想以上にひどかった。ひじの遊離軟骨の状態は「こんなひじで、よく7勝も挙げられた」と担当医が驚くほど。術後、除去した骨を記念に“プレゼント”され、同時に「史上最年長完投勝利? 来季は絶対できる」と確約されたそうだ。 23日には米アリゾナへ旅立ち、本格的にリハビリを開始する。今季は9月26日の阪神戦(横浜)での8イニングが最長投球回だった。ひじの不安がなくなり、新たな記録達成も見えてきた。

(引用 livedoorニュース)




◆ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1233-754c2687

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。