スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜、初の育成枠で“右の大砲”滋賀大・関口獲り 

NewEraキャップ ベイスターズ ブラック×ブラック×ゴールド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000072-sph-base
 横浜が11月19日に行われる育成枠ドラフトで、滋賀大・関口雄大(ゆうた)外野手(22)=177センチ、88キロ、右投右打=を指名することが25日、明らかになった。ドラフト制後の国立大出身野手の入団は4人目になる。球団としては、初の育成枠採用。

 関口は9月24日に、横須賀市内のベイスターズ球場で行われた新人テストに参加した。50メートルを5秒54で走り、遠投120メートルを記録。フリー打撃でも両翼フェンスを軽々と越える打球を放った。

 滋賀大では1年秋からベンチ入りし、今春は京滋大学野球リーグ2部で打率5割3分5厘、5本塁打、17打点で最優秀選手、首位打者、ベストナインを獲得した。リーグ戦後に退部し、滋賀大に在籍したまま、8月には米カリフォルニアでのサマーリーグでプレーし、プロ入りを目指してきた。

 「国立の星」を目指し「指名してくれるなら、どこへでも行く」と関口。球団も指名に成功すれば、村田、吉村に次ぐ右の長距離砲として、じっくりと育成する方針だ。

  田中将大特集
  斎藤佑樹特集
  星野JAPAN特集



◆ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1250-5247316c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。