スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獲得発表の陰でささやかれる“不安”クルーン待つG圧 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 161キロ男は巨人の重圧に耐えられるか。巨人は5日、横浜との交渉が決裂したマーク・クルーン投手(34)の獲得を発表した。

 年俸は今季の2億円から大幅増となる3億5000万円。夕刊フジでは6月から巨人がクルーンに触手を伸ばしていると報じ、横浜大矢監督は今季最終戦で「31セーブがいなくなるんだから大変だよ。上原と交換してくれないかな」と覚悟していた通りの結果となった。

 巨人は今季、故障した上原をストッパーにしたが、これは1年限定。来季は先発に復帰するため、代わりのストッパーを獲る必要があった。

 ところが、他球団関係者は巨人のクルーン獲得にシビアな声を挙げる。セ・リーグのある編成担当は、「まずクルーンは峠を越えている。それに巨人横浜では、抑えを失敗したときの扱いが全然違う。横浜なら騒がれないけど、巨人で失敗したらムチャクチャ言われる。横浜と同じ精神状態で、やっていけるかどうか」と指摘する。

 昨年、ストッパーとして西武からFA移籍した豊田は、6月の終わりから7月に4試合で3度サヨナラ負けして2軍落ち。今季も5試合目で2度目の失敗をすると、次の試合では林が抑えを務め、5月には上原に奪われた。クルーンも失敗は許されないのだ。

 巨人はFAで他球団の4番をかき集めるばかりか、マネーゲームによる外国人獲りもお家芸。しかし、ロッテからヒルマン、ヤクルトからペタジーニ、オリックスからパウエルなど、他球団から外国人を獲得したものの、いずれも前球団にいたときのような活躍はできなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1295-c8fd4641

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。