スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課外授業:ベイスターズ・工藤投手が、横浜・能見台小4~6年生に /神奈川 

カルビー2004 プロ野球チップス スターカード 赤文字ネームパラレル 鈴木尚典 No.S-23 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000146-mailo-l14
 現役で活躍するただ1人の200勝投手、プロ野球横浜ベイスターズの工藤公康投手(44)が10日、横浜市立能見台小学校(同市金沢区)の体育館で「課外授業」をした。工藤投手は「夢中になれるものを作って」と語り、4~6年生の約315人は、スター選手の「授業」に目を輝かせていた。
 工藤投手は小学生時代、厳しい父の下での野球が嫌いだったことや、試合前に相手打線の1~9番をどう打ち取るか、トイレでイメージしていることなどを話した。現役最年長選手らしく、食生活の大切さも強調した。
 その後の野球教室では、発泡スチロールのボールをうまく投げられた児童にサインボールなどをプレゼント。リストバンドをもらった6年生の仲悠希君(12)は「工藤投手みたいなピッチャーになりたい」と感動が収まらない様子だった。【池田知広、写真も】
 ◇川村投手ら4選手は厚木で
 8日には、川村丈夫投手(大和市出身)ら4選手が厚木市内で約280人の子供たちを指導した=写真。厚木県央ロータリークラブ野球教室(同クラブ主催)で、今回が8回目。厚木市少年野球協会が協力した。子供たちは、内野守備や投球姿勢などについて丁寧な指導を受けた。【佐藤浩、写真も】

12月11日朝刊



◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1298-a54e4ca3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。