スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本野球史・挑戦の系譜(1) 

【10%OFF】ニューエラ:NPBレプリカキャップ【new era プロ野球】
明治4年(1871)年の太陽暦の10月30日(日本ではまだ太陰暦であったが)、横浜のクリケット・グラウンドで、アメリカ客船コロラド号の乗組員チームと居留地のチーム「シビリアンズ」とのベースボールの試合が行われた。

試合結果は、14対11でコロラド号チームの勝ちであった。
この試合場は、現在は、プロ野球横浜ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムのある横浜公園となっている。これが日本で行われた最初の野球試合であるが、日本人選手の出場記録はない。

この年、明治4年は、7月に廃藩置県が断行され、武家社会は制度の上で完全に終止符を打った。8月には散廃刀が許可されたが、廃刀令が出るのはこの5年後である。
髷をゆい、刀を差した男たちが闊歩する姿はそこかしこで見られたはずだ。そのような時代のこと、西洋人たちが球を投げ、棒きれのようなもので球を叩くような遊びに興じているのは別世界の出来事であった。まして、幕末に結んだ不平等条約による治外法権などで、外国人たちへの反感は根強かった。外国人の球遊びがやがて日本中に広まり、多くの人々に親しまれるなど思いも寄らなかったはずである。

しかし、これから程なく、ベースボールなるアメリカの球遊びの行われた横浜から、岩倉具視を大使、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文、山口尚芳を副使とする使節団が欧米へ向けて船出した。

この使節団は本来の目的である不平等条約の改正は果たすことはできなかったものの、西洋文明の洗礼を受け、文明開化の必要性を痛感するようになる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1318-9ada8552

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。