スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球:FA金東柱、日本移籍ならず 

カルビー2007 プロ野球チップス スターカード波紋パラレル No.S-47 仁志敏久 
 今オフ韓国フリーエージェント(FA)市場最大の目玉、金東柱(キム・ドンジュ)はどのチームに所属し、どれだけの年俸を手にするだろうか。日本移籍を模索していた金東柱は、所属チーム斗山の4年62億ウォン(約7億2000万円)の提示を蹴り、直接日本訪問までしたが、最後の望みの綱であった横浜ベイスターズから断りの回答を受けた。すでにほとんどのチームが選手の補強を終えた状況からみて、新たなチームを探すのは難しい状況。よって、斗山残留以外には選択の余地がなさそうだ。しかもFA締め切りが今月15日と切迫しているため、さらなる年俸ダウンは必至とみられている。 斗山はすでに62億ウォンの提示を撤回している。金東柱が日本移籍を盾に、交渉を遅延させたからというのが撤回の理由だが、それは建前にすぎない。本当のところは、通信大手KTのプロ野球参入に伴う加盟金60億ウォン(約7億円)よりも多額の金銭を一人の選手に支払わなくてはならないのか、という世論の批判を無視できなかったからだ。注目は斗山の提示額がどの程度までダウンするかという点だ。斗山のキム・スンヨン団長は「内部的には策定されているが、状況によって変わることもある」と話している。 球界では、斗山からLGに移籍した朴明桓(パク・ミョンファン)程度になるのではないかとの見方が出ている。朴明桓は昨オフ、4年・最高40億ウォン(約4億6000万円)でLGと契約した。とはいえ斗山は、金東柱が日本移籍には失敗したものの、他球団への移籍可能性があるため、提示額を公開していない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1319-7d98184d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。