スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球場の大型化で変化するFA制度 

北川利之選手のグラブを体感! ゼットグランステイタスプロモデルシリーズ少年軟式ファースト...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000004-omn-base
 1月7日、広島カープは、阪神に移籍した新井貴浩選手の人的補償選手として、阪神の赤松真人外野手の獲得を発表した。9日には、広島市内で入団記者会見も行われた。

 背番号は38に決定したが、赤松選手本人は「背番号以上の盗塁を狙う」とぶち上げた。

 10日には広島市立大学で、広島カープのマーティー・ブラウン監督と学生たちによる討論が行われたが、「投手が必要なのではないか」という学生の声に「赤松は是非必要な選手」と監督は反論したそうだ。

 実際、広島ファンの間では、投手の獲得を望む声が強かった。正直なところ、私も赤松選手を獲得すると聞いた時は、意外な感じがした。しかし、冷静にチーム事情を見た場合、俊足強肩の外野手はどうしても必要である。

 ここ数年間の広島カープの低迷の原因を挙げればキリがないが、リードオフマン不在に泣いてきたことも大きかった。

 そこで2006年は、梵英心内野手を獲得して新人王に輝いたが、2007年は梵選手と東出選手の1、2番コンビが、揃って打撃不振に苦しみ、いずれも打率2割6分台に終わった。

 また、外野手の人材難も深刻だ。昨年は開幕からメンバーを固定できず、シーズン途中に喜田剛選手とアレックス選手を獲得したが、規定打席に達したのは前田選手1人だった。

 2009年からは、広島新球場がオープンする。左翼101メートル、右翼100メートル、センター122メートルと、日本でも最大級のグラウンドになる...

ニュースの続きを読む




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1323-31d5fd9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。