スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連覇へ・センバツ常葉菊川:選手紹介/1 戸狩聡希投手(2年) /静岡 

☆特価30%OFF☆ローリングス 少年軟式カーボン製バット横浜ベイスターズ 佐伯モデル
 ◇自信みなぎるエース--戸狩聡希(とがり・としき)投手
 「記念大会は絶対に優勝したい」。昨春のセンバツ初優勝、昨夏の甲子園4強入りに貢献した左腕は、次の舞台に思いをはせる。
 昨秋の県大会、東海地区大会、明治神宮大会の3大会でエースナンバー「1」を付けて登板、堂々と優勝を遂げた。最速139キロの直球をはじめ、切れのあるスライダーやスクリューボールなど、多彩な変化球を投げられる。
 投球に限らず、打撃や走塁などでも非凡な野球センスがうかがえる。理想の投球フォームは1年先輩で横浜ベイスターズに入団する田中健二朗投手(3年)。同じ左腕で参考になる点が多い。
 年末年始は愛知県豊川市の実家に帰省。元日は豊川稲荷で「この1年活躍できるように」と祈願した。
 一番好きなマウンドは、ずばり甲子園。雰囲気がたまらないという。「連覇を意識しすぎず普通にやれば絶対勝てると思う」。実績に裏打ちされた強気な言葉に、エースの自信がのぞく。=つづく
  ×  ×  ×
 3回目のセンバツ出場が決まった常葉菊川。史上3校目の連覇に挑む選手たちの素顔を連載します。

1月27日朝刊
(引用 yahooニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1341-480c4512

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。