スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【細木数子をジロリ見るわよ】朝青龍「命がけトレーニング」の真相はどこに? 

中日ドラゴンズ チビプロフィギュア 2008年度版 BOX《》
   横綱朝青龍が緊急出演してトークコーナーが設けられたため、通常のゲストコーナーである「運命のカルテ」はお休みとなった。
   この日、進行をつとめたのは、番組レギュラーの司会役「くりぃむしちゅー」ではなく、フリーアナウンサー(元テレビ朝日)の朝岡聡。くりぃむの都合が合わなかったためと見られる。タッキーこと滝沢秀明の姿もなく、代わりに元横浜ベイスターズ、シアトル・マリナーズで野球解説者の佐々木主浩が席に着いた。見た目はずいぶん変わったが、口数の少なさは同じで、その点では理想的な代役と言える。   さて、僕らの細木数子大先生は冒頭から爆弾発言を繰り出す。朝青龍が横綱白鵬との直接対決で負け、優勝を逃した一番に対して、「勝ち負けは関係ない」「勝負を捨てて相撲に勝った」「二場所休場した先輩横綱が、新横綱に『(休場の間)よく頑張ってくれた』とエールの負けですよ」   朝青龍がわざと負けたとも取れるが、本人は「負けて悔しかった」などと話し、細木説をやんわりと否定。しかし、センセイはもちろん動じない。「その事実証明のVTRがあるのに、TBSの内部事情で放映させないんです」と腹を立て、「その話は後でもします――」と言って、視聴者に期待を抱かせる。   それから約30分が経過し、番組が終わったが、いまだに"事実証明のVTR"が何だったのか、よくわからない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1360-bcde514c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。