スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テレビ業界問答無用】TBSが「親の心、子知らず」な訳 

横浜ベイスターズ(ブラック×ゴールド)
エレキ君総務省が4月施行の放送法改正で実現する放送持ち株会社について詳細な仕組みを定めた省令案をまとめた。注目された認定放送持ち株会社が傘下にできる地上放送テレビ局の数を最大12局としたが、なぜか。テレビ君放送エリアの都府県数に応じて東京のキー局は7局分、大阪の準キー局は6局分、名古屋は3局分とした。東京のキー局が傘下に収められる地方局は最大5局、大阪準キー局なら4局までとなった。プレス君東京キー局(7局)、大阪準キー局(6局)の局が同時に持ち株会社傘下に入るとすると13局になるので同時の傘下入りはできない。これとは別にBS放送局は1局まで、CS放送局は12チャンネル相当まで―などと細かく定めた。テレビ君民放キー局は20局程度の傘下入りを求めたが、総務省は(1)実際に経営難に陥る地方局は1系列あたり1、2局程度 (2)東京のキー局と大阪の準キー局が同時に傘下入りできない数は12局―で落ち着いた。数字合わせ、と取れなくもない。エレキ君今夏の株主総会で移行を議決すれば来年にも放送持ち株会社が誕生することになるが、どのキー局が最初になるのか。アドバ君東京キー局ではTBSが最も積極的。現在、放送免許を持つ事業持ち株会社制をとっているTBSは傘下にラジオ局、テレビ局、プロ野球横浜ベイスターズなど30社ある。これを認定放送持ち株会社に改める。テレビ君TBSは「放送免許は子会社のTBSテレビに移す。テレビ放送と番組制作を一本化し、経営効率化を図る」としている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1362-42693904

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。