スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大矢監督が石井、鈴木尚、佐伯、仁志に最後通告 

BBM 横浜ベイスターズ 2007年版 BOX《発売済・取り寄せ品》
 横浜・大矢明彦監督(60)が7日、ハマの“ベテラン・カルテット”に「結果が出なければ(今季で)終わり」と最後通告を行った。あえて石井、鈴木尚、佐伯、仁志の名前を挙げて奮起をうながした。温厚な指揮官が、結果至上主義を鮮明にして、チーム内の競争意識を高める。 第2クール2日目を終え、大矢監督は「ベテランがいいんじゃないか」と切り出した。「佐伯、鈴木尚、石井、それに仁志も含めてだけど、丁寧にバットが振れている」と、4選手の名前を挙げてホメた上で言い切った。「自分たちが1年勝負だというのは分かっていると思う。結果出ないと終わりだからね」ダメなら即引退勧告、とも取れる考えを示した。 監督復帰した昨季は、佐伯(打率・302、16本塁打、67打点)と仁志(137試合出場で・270)の再生に成功。それでも「まだ技術的に極めていけるはず」(弘田ヘッドコーチ)と見ている。108試合出場にとどまった石井、95試合で・232だった鈴木尚は今季がまさに背水シーズン。鈴木尚は「言われなくても分かっている。そのつもりでやっている」と反応。ベテランに火がつけば若手も闘志を燃やす。相乗効果がチーム浮上への原動力になる。

(引用 livedoorニュース)




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/1372-09cb147a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。