スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイスターズ試合結果 - 小嶋KO…福原炎上…投壊10失点 

 【ゴキちゃんグッバイ】■2個で送料無料■3個で代引料も無料■ゴキブリがこれでサヨナラ!食べ...
 雨を心配しながら甲子園にやってきたファンには、本当に気の毒な試合になった。阪神は打たれるわ、打てないわで3-10の大敗。狩野の2試合連発がなかったら目も当てられない負けゲーム。初戦の大逆転サヨナラちがまだ残像として鮮やかに残っていただけに、やはり物足りなさが募る。
 今季最多失点、3カード連続負け越し、開幕直後以来の借金生活突入。ズラリと並ぶのは厳しく、情けないものばかり。すでに2を挙げていたルーキー・小嶋のプロ最短KOもある。この試合で投手陣が許した安打は計17本。「打たれすぎや。毎試合、毎試合…3者凡退もなかったやろ。毎回毎回ランナー出していたらなあ」。岡田監督の言葉は、怒りより“うめき”に近い。
 「変化球が入らんかったなあ。もう少しストライクを投げ込んでいかなあかんわ」と指揮官が言った先発・小嶋の3回3失点は、ある程度理解もしてやれる。G戦2試合目とはいえ、相手打線はよく振れている。3番手・渡辺の3失点も、1軍初登板を考慮すればやむを得ない。問題は、2番手の福原だ。
 11日の中日戦で今季初先発、四回途中6失点でKOされ、2軍で再調整を続けてきた。そして再び1軍に昇格、即救援でのマウンドに上がった。それが…。「2点差だったからな。“第2の先発”として踏ん張ってくれとったらなあ…」。四回は3者凡退も、五回に集中打を浴びて致命的な4失点。「真っすぐがおかしい」と岡田監督が首をひねり、久保チーフバッテリーコーチも「よくないねえ」とため息をつくほど、速球には球威も切れもなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆サヨナラ 勝関連ブログ記事

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/14-f8775eeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。