スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原 不敗5号!巨人首位浮上 

■予約■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 【巨人5-3横浜】勝利を呼ぶ放物線だ。巨人・小笠原道大内野手(33)が26日の横浜戦で初回に三浦から左越えに移籍後初の2試合連続となる5号2ランを放った。1点を追う8回にも先頭で左前打し、逆転劇を演出。これで主砲が一発を打った試合は5連勝。チームも6カード連続勝ち越しで、中日と入れ替わり首位に再浮上した。

 侍が一発を打てば巨人は負けない。初回だ。1死一塁から小笠原は三浦の外角高め137キロ直球をフルスイング。打球は左翼席に吸い込まれ、移籍後初の2戦連発となる5号2ランとなった。

 「谷さんが塁に出たので、何とか還す気持ちで打席に入りました。逆方向の打球だったのでどうかと思ったけれど、よく入ってくれた」

 先制アーチの後、いったんは横浜に逆転を許したが、このまま引き下がる侍ではない。逆転劇の口火も侍のバットが切った。1点差の8回、先頭で那須野の外角直球を逆らわずに左前へ。李スンヨプが左前打で続き無死一、二塁。ここで原監督は打席に向かう二岡に耳打ちした。「おまえに任せるぞ」。セオリーの送りバントではなく適時打を信じた強攻策。意気に感じた二岡が右翼線二塁打で応え同点。阿部も中越え2点二塁打で続き、4連打で一気に試合をひっくり返した。

 今までの巨人に足りなかったのは、つなぐ意識。それを侍は自らの行動でナインに伝えている。24日横浜戦(フルスタ宮城)。5―8の8回1死一、三塁で犠飛を放った小笠原は、ベンチに戻ると原監督に言った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000000-spn-spo)




◆大矢監督関連ブログ記事
横浜ベイスターズ2007第27戦(... - 南太日記 (5月5日1時23分)

(5/3)今田、15位スタート・米男子ゴル... - スポーツ肉体道場 (5月5日1時9分)

Base Ball - ヤマニッキ (5月4日23時11分)

救世主?小笠原今季初( ̄^ ̄)v 勝利... - 中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつ... (5月4日20時48分)

NHKマイルC枠順確定 ゲレイロ5枠... - スポーツをニュースで楽しく! (5月4日20時39分)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/169-ce09b196

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。