スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佑ちゃん史上初!新人開幕投手2戦2勝…東京六大学野球 

明治大学グリークラブ/明治大学マンドリン倶楽部/明治大学校歌

 東京六大学野球第3週第2日 早大13−2法大(29日・神宮) 佑ちゃんが東京六大学史上初の快挙を達成した。2万8000人の大観衆が見守る中、早大・斎藤佑樹投手(1年)が法大戦に先発。7回を4安打1失点に抑え、14日の東大戦に続き2勝目を挙げた。春に開幕投手を務めた1年生の「2戦2勝」は、83年の歴史を誇る同リーグで初。バットでも決勝打を含む2安打2打点で、勝ち点奪取に貢献した。次は5月6日の立大2回戦で先発が濃厚。“先発ローテ”を手中に収めたハンカチ王子が、リーグ制覇に向けて突っ走る。

 投げるだけじゃない。斎藤はバットでも期待に応えた。同点の4回2死一、二塁。カウント0−1からの見逃せばボール球、二神一人の内角高め141キロ直球を強引にフルスイングした。2万8000人の歓声が揺れる中、打球が左翼線に転がる。大学初打点が決勝タイムリーとなった。5回にも中前適時打し、2安打2打点。「このスタイルがピッチングにもつながるので」それでもヒーローは、表情ひとつ変えずに言い切った。

 マウンドでも魅了した。白星デビューを飾った東大戦以来の登板。優勝候補・法大の強力打線は、斎藤対策に左打者5人を並べてきた。早実時代に苦手意識を持ったことのある対左。だが、オープン戦から左封じ用に磨いてきた“秘密兵器”ツーシームがさえ渡る。最速145キロの直球とのコンビネーションで凡打の山を築いた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆東京六大学野球関連ブログ記事
佑ちゃん投げて打って28000人魅了 - Fine Sports (5月4日21時45分)

東京六大学野球 早大×法大 - ジゴロウ日記 (Pride of Red) since 2... (5月4日19時17分)

高校野球の特待制度違反を考える~建... - ブログ新聞 『市民ジャーナル』 (5月4日17時40分)

ふくおかフィナンシャルグループ - 株式の情報 素人でも株式投資に勝つた... (5月4日17時31分)

ハンカチ王子の“本命”ピアノ教室の... - スタイリストの日記 (5月4日16時22分)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/176-db17ae1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。