スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田&吉村の和製大砲で連敗止めた 

◆予約◆BBM 横浜ベイスターズ 2007

 【横浜7−3中日】何とも頼りになる横浜の大砲コンビだ。2回。まずは4番・村田が先制の左越えソロ。すると東福岡の後輩・吉村も2ラン。一気に主導権を握って今季初の3連敗を阻止した。

 最近4試合で決勝アーチ2本、打率・412の村田が笑う。「どっちかが打てば、どっちかが続く。2人が打てば勝率がいいから負けないと思った」。吉村とのアベック弾は11度目で9勝2敗。昨年5月28日のオリックス戦からは7連勝と“不敗神話”ができつつある。今季初競演の4月10日ヤクルト戦以来の一発となった吉村も「(アベック弾7連勝は)途中から気にしてました。ゴールデンウイークは終わったけど、もっと楽しませたい」とはにかんだ。

 「4番が調子いいし、吉村に一発が出たのは大きい」と大矢監督。和製大砲2人の存在が、首位奪回の原動力となる。

 <中日 山本昌が中4日登板>中日は先発投手の駒不足と「数、投げさせなきゃ今年中に勝てないだろ」(落合監督)との通算200勝達成への配慮から、41歳の山本昌が2年ぶりに中4日で先発。2回に2本塁打で3点を失ったベテラン左腕は「序盤の3点が重かった」。2回以外はほぼ完ぺきに抑えただけに残念がった。



(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/246-4eeb76ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。