スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44歳ハマのオジさん連敗止めた初勝利 

■予約■BBM 横浜ベイスターズ 2007
 【横浜2―1西武】ハマのオジさんはまだまだ元気です。横浜の工藤公康投手(44)が23日、西武を6回4安打無失点に抑え、今季6度目の登板で待望の移籍後初勝利をマークした。44歳以上の白星は史上2人目の快挙。ファームで若手と必死に汗を流しながら復活を期した左腕が、古巣相手の大きな1勝で、チームの連敗を「8」で止めた。

 ≪15歳はにかみ王子に刺激受け≫体が勝利の感覚を覚えていた。自らの左腕で西武の黄金期を築き上げた思い出の地。通算63勝を挙げているマウンドで工藤がよみがえった。ベンチで横浜移籍後、初勝利の瞬間を見守ると、ナインの祝福攻めに笑顔があふれた。昨年5月3日阪神戦(甲子園)以来、385日ぶりの白星だ。

 「開幕から26年間で一番長かった。もう勝てないと思ったこともあった。勝ちたいという邪念が今まで強すぎたように思う。ファンや監督、コーチ、裏方さんが支えてくれて素直にやるべきことができた」

 序盤から伝家の宝刀カーブがさえた。最速143キロの直球を見せ球に、低めへ集めていく。4回1死一塁、和田を112キロカーブで三振にとると、続く後藤も外角低めのカーブで二ゴロ。6回2死一塁では和田を129キロフォークで遊ゴロに仕留め「ヨッシャー」と左手を突き上げた。6回4安打無失点。チームの連敗を止める奮投に、大矢監督も「これが工藤だという投球」と称えた。

 2人の高校1年生に刺激を受けた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/387-ae337823

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。