スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハム鬼門で9連勝!交流戦首位ガッチリ 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000000-spn-spo
 【日本ハム5―3横浜】塩を盛っても、ヒルマン監督が散歩のルートを変えても勝てなかった横浜スタジアム。序盤で大量失点を食らい押し切られる展開続きのミステリーも、人呼んで「ハムの方程式」を初めて持ち込み、解読できた。「投手は大事なところを抑えるし、打者は大事なところで打っている」。ヒルマン監督の言葉通りの9連勝。そして交流戦、横浜スタジアムでの6連敗ストップだった。交流戦の8、9回は12得点に対して無失点。9連勝中、武田久が1勝4ホールド、マイケル中村は4セーブの鉄壁ぶり。交流戦首位をがっちりキープだ。

 1点リードの8回2死二塁から4番手で登板した武田久が村田を敬遠気味に歩かせた後、代打・鈴木尚を1球で一ゴロに仕留める。中継ぎの絶対的柱は、球宴ファン投票の第1回中間発表で中継ぎ部門のトップに立った。監督推薦で初めて出た昨年は第1戦で登板し、無失点も岩村(現デビルレイズ)に浴びた右前打が忘れられない。「直球しか投げられない雰囲気があって。今年選ばれたら自分の投球がしたい」。変化球で丁寧にコーナーを突くのが身上。打ち気にはやる鈴木尚を打ち取ったのも、ひざ元に落ちるスライダーだった。

 右肩痛で4月に戦列を離れたマイケル中村も、5月以降は13試合連続の無失点。「数字は全く意識していない。でもなぜか、焼き肉店でユッケジャンクッパを食べるようになってから調子がいいんだ」。そんなナゾは残っても、ハマの悪夢から解放されて日本一再現のムードがよみがえってきた...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/548-f755e236

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。