スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトB王監督、旧友を踏み台に復調へ 

スポーツカード・マガジン各種
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000079-nks-spo
 ソフトバンクが2人の「旧友」を踏み台にする。5日から福岡ヤフードームで横浜2連戦。王貞治監督(67)は4日、先発予定の寺原、工藤というかつてのチームメートの完全攻略を求めた。「われわれは2人のことを知っているので、調子を上げるきっかけにしてほしい。今は決して、打線が機能しているとは言えないからね」。旧知の2人を打ち崩すことを、停滞ムード脱出のテーマに掲げた。
 1試合平均得点はリーグ戦で「4・7」に対し、交流戦は「2・7」と下降。3日の中日戦は小久保の満塁弾で逆転勝ちし、連敗を3で止めた。この上昇気流を逃さないためにも交流戦、過去2年で10勝2敗と好相性の「横浜銀行」を利用するつもりだ。王監督は「交流戦で貯金5」と青写真を描いていたが、現実は4勝6敗。お得意さまから交流戦今季初の連勝を収めれば、借金2も帳消しになる。
 浮上のカギに挙げたのは打線ばかりではない。先発の「新4本柱」は9勝(1敗)の杉内以外は勝ち星が伸び悩む。今回の2連戦に先発予定の和田は4勝(4敗)、新垣も5勝(3敗)。王監督は「和田、新垣はこちらが期待したレベルまで至ってない」と厳しい注文を出し、発奮を求めた。
 全体練習がオフとなったこの日、王監督は愛用のカメラを持参して福岡市中央区の福岡城趾に出かけた。美しく咲き誇る花々をフレームに収め、気分をリフレッシュした。ファインダーを優しくのぞき込んだ目を勝負師のそれに戻し、6月反攻を始める...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/564-b66293a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。