スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田巻き返す 寺原と“師弟”対決 

【盆提灯】高級銘木提灯11号 ワイン 大内行灯 絹二重 寺原
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000018-nishins-spo
 現在3連敗中の和田毅投手(26)が、横浜寺原との“師弟対決”でトンネル脱出を狙う。先発予定の5日の横浜戦(ヤフードーム)へ向け、4日はヤフードームでの先発陣練習で軽めの調整。昨季同様に6月からの巻き返しを期した。

 相手は昨季まで同僚だった寺原。「テラが持っているものは、本当にすごいですよ」。2004年1月にはフィジーで合同自主トレをしただけに、怪物の潜在能力は誰よりも認めていた。横浜移籍後の活躍も、和田にとっては不思議ではない。

 同じ4勝4敗同士の顔合わせとなる寺原との先発対決。交流戦は予告先発でないこともあり、登板前は口数の少ない和田だが、気合は十分だ。3日のブルペンでは直球主体に65球。寺原も150キロ台の直球を武器とするが、和田の直球にも本来の切れが戻っている。

 自己ワーストタイの3連敗を喫した5月は1勝4敗に終わった。6月以降に10勝2敗と巻き返した昨季の再現へ、寺原との投げ合いは流れを変える絶好の機会だ。高山投手コーチも「投球内容は決して悪くない。白星が最高の良薬となってくれると思う」と期待する。

 3日の早慶戦では斎藤佑の好投もあり、母校の早大が東京六大学の春季リーグ戦で優勝。4日には優勝を祝う「ちょうちん行列」が長い列をつくったばかり。「OBとして本当に頑張ってもらいたい」と後輩にエールを送った左腕が、今度はグラウンドで手本を示す。 (相島聡司)

 =2007/06/05付 西日本スポーツ=

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/570-2e713180

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。