スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王ホークス3位転落 TMK逆噴射~ 

スポーツカード・マガジン各種
 ため息とともに吐き出した言葉が、すべてを言い表していた。試合後の記者会見。6連敗中の横浜に敗れた理由を、王監督が数え上げた。4月26日以来、40日ぶりとなる3位転落。敗因は幾重にも重なり合っていた。

 王監督「今日は勝てる要素の全くない試合だった。先発は立ち上がりが悪いし、7回は四球が決勝点。ウチは10安打で走者を迎え入れる安打は1本だけ。タイムリーエラーも出たしね」

 和田が初回に2失点。主導権を与えた。打線では数々のドラマを演出した「TMK」が寺原の引き立て役に。「投げるべき人が投げ、打つべき人が打たないと勝てない」。王監督の嘆きは深い。

 2点を追う3回1死満塁。多村の豪快なスイングが空を切った。寺原の148キロの内角直球に空振り三振。続く松中への3球目が暴投となり、1点を贈られるが、力で封じられた。最後は142キロフォークに右飛。絶好機は消えうせた。

 王監督は試合前の打撃練習中、松中にアドバイスを送った。「彼はチーム一のポイントゲッターだから。乗り越えてもらわないと」。だが4番のバットは湿ったまま。同点とした直後の5回1死一、二塁では空振り三振。珍しくバットを地面にたたきつけた。

 2度の好機で凡退し、松中の今季の得点圏での成績は57打数11安打。得点圏打率は1割9分3厘となり、ついに2割を割り込んだ。「自分が情けない。自力ではい上がるしかないし、誰も助けてはくれない」...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/586-d95a7d06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。