スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急昇格・川崎頼む!! 王監督の笑顔取り戻せ 

型付け済!グラブ袋、オイル サービス!  SSK硬式プロオーダー内野手用・川崎モデル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000016-nishins-spo
 2度の送りバント失敗に、バッテリーエラー、四球連発、おまけにTMKはまたも沈黙だ。新垣渚(27)は力投したものの、8回に今季17個目の暴投。パ・リーグのシーズン最多暴投に並んでしまった。自滅気味の黒星で、交流戦は4勝8敗の「借金4」で折り返し。この低迷を打開するために、首脳陣は川崎宗則(26)の昇格を決めた。頼むぞ、ムネりん! 

 目も当てられない「ボロ負け」だった。バント失敗に暴投、捕逸、勝負どころで四球の連発。信じられないミスのオンパレードに、王監督の怒りが収まらない。「今日も勝つ野球ができませんでしたな」。表情ひとつ変えずに吐き捨てたその姿が、深刻なチームの現状を物語っていた。

 前夜は10安打で適時打1本。この日も9イニングのうち7イニングで走者を出しながら、わずか2得点にとどまった。「やっぱり点が取れないことかな」。敗因を挙げるまでもない重症だが、王監督の嘆きを募らせたのが、2度のバント失敗だった。

 初回無死二塁、本多はカウント0―1からバント失敗の一邪飛。2―2の同点に追いついた直後の6回無死一塁では、松田が初球を投飛→飛び出していた一走の田上が戻れず、併殺。最悪の形で追い上げムードを自ら手放してしまった。

 「チャンスはそこそこあったけど、バントを失敗したりしてね。相手が嫌がる野球ができていない。逆に自信をつけさせるというか、乗せちゃったね」。先発工藤、2番手木塚と、いずれも立ち上がりを攻めながら、自滅...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/603-672d7a5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。