スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気迫クルーン 11球団からセーブ 

【CROON A SONG】クルーンアソング 刺繍ノースリーブ
 気迫で痛みを乗り越えての記録達成だった。横浜・クルーンが、2点リードの九回に登板。三者凡退で今季12セーブ目を挙げ、在籍する横浜を除く、11球団すべてからセーブを記録した。
 「個人的にはうれしいけど、チームが勝ったのが一番だね」と記録達成よりも、5月25日以来の3位浮上を決めた勝利に笑顔を見せた。
 5日のソフトバンク戦で右内転筋を痛めた。痛みを感じながら上がったマウンドだったが、きっちりと仕事を果たした。先発・三浦の降板後、中継ぎ陣がバトンを届けた。那須野、木塚、川村がそれぞれ0封。「次はオレの番だ」。強い決意を持って火消しに向かった。
 注射などによる治療を嫌うこともあり、アイシングを施す程度にとどめた。「(痛みで)投球に影響はある。でもケガを抱えているのは自分だけではない。休んで迷惑をかけたくない」。チームを思う気持ちが“手負いの最速王”を突き動かした。
 150キロ超の球はわずか3球と“らしさ”はなかった。それでも役目を終えた右腕は満足げな表情で球場を後にした。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/604-92b3c921

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。