スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺原好投6勝目!チームも4連勝 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000004-spn-spo
 【横浜2-1日本ハム】丁寧に。ひたすら丁寧に投げた。チームに4連勝を呼ぶ7回1/3無失点の好投。寺原はプロ2度目の完封を逃した悔しさを押し隠して笑った。

 「完封は意識してないし、ゼロに抑えられたのが1番。チームが勝ったからそれでいいです」

 MAX150キロ。その球威を降板する8回まで保った。ソフトバンクから移籍1年目。軸足(右足)にしっかり体重を乗せるフォームで直球がよみがえったが、力だけに頼らない。「いつも低めを意識してる」。テンポの良さはバックの好守も呼び、7回1死一、二塁で代打・稲田のライナーを中堅・金城が好捕。大矢監督は「ピンチでの投球が低めに行く。成長してるよ。寺原が頑張ったので苦しい試合を守りでしのげた」と言った。

 今季6勝目。着実にステップアップする6年目の右腕が、横浜を上昇気流へと乗せていく。

 <日本ハム 木下3連勝逃す>7回まで無失点と好投した日本ハムの木下が、8回に力尽きた。2死二、三塁から代打・種田に均衡を破る二塁打を浴びて、62年に尾崎行雄(東映=6連勝)以来、球団では45年ぶりの10代投手の開幕3連勝を逃した。「回を追うごとに乗っていけた。8回はもう少し慎重にいくべきでした」と反省し、試合後は無人の球場で30分以上ランニング。5月17、18日以来の連敗を喫して3位に転落したヒルマン監督は「これまでで一番の出来だった寺原に尽きる」と潔く負けを認めていた...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/639-9c0d766b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。