スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下柳 執念のゲキ投も届かず… 

【送料無料選択可!】NHK大河ドラマ総集編 DVD-BOX 花神 / TVドラマ
 ソフトバンクが投手戦を制した。0-0で迎えた九回、二死三塁から川崎が中前に決勝適時打。最後は馬原が締めた。8回を無失点の和田が5勝目。阪神は下柳が6回無失点も打線が振るわず、今季9度目の完封負け。
 ムチのように左腕をしならせ、ゼロを並べた。阪神の下柳はベンチに下がっても、必死に声を張り上げてナインを鼓舞した。試合終了の瞬間まで途切れなかった、勝利への執念。足りなかったのは、チームの勝利だけだった。
 試合後は、近寄る報道陣を一言で制して、クラブハウスへ。求めたものをつかみ取れなかった無念が、口を閉ざす。6回を投げて、4安打無失点。試合に敗れても、勝ちに等しい気迫のピッチングを見せた。見守ったファンは、その姿に胸を熱くした。
 日本ハム時代から、下柳を知る野口は、こう振り返った。「久しぶりに、良いシモさんを見た気がする。(相手の)狙い球も分かってたから」。唯一と言っていいピンチは、二回だけだった。無死二、三塁としながらも、荒金を空振り三振、和田を投ゴロに仕留めて、最後は川崎を二ゴロに打ち取って切り抜けた。先制点を奪われることなく、リズムに乗った。
次こそ白星を 期待通り、相性通りの力投だ。ソフトバンクには、めっぽう強い。前回5月24日の対戦では、5回2/3を1失点に抑えて、白星を挙げていた。03年の日本シリーズ(当時ダイエー)を含めると、ここまで4戦4勝で、日本ハム時代を含めると5連勝中という相手...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/645-a6c18e34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。