スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトB川崎ホーム復帰の猛打賞 

■予約■トレーディングフィギュア 日本プロ野球バージョン 2007 シリーズ1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000074-nks-spo
<ソフトバンク9-5ヤクルト>◇13日◇福岡ヤフードーム
 ムネリンがホームに帰ってきた! チームの元気印、川崎宗則内野手(26)が、本拠地・福岡ヤフードーム復帰戦で、初回気迫のヘッドスライディングでの内野安打を含めて猛打賞の活躍。初回4得点での逆転劇と15安打9得点の猛攻を導いた。7番大村の新オーダーも成功。これで6月5勝4敗と初めて貯金生活に入り、日本ハムを抜いて2位に浮上した。沈みがちだった打線復活で、“梅雨”知らずの快進撃をスタートさせる。 一塁から立ち上がった土煙が反撃の合図だった。2点を追う初回。三塁よりに高いバウンドの打球を放った川崎が頭からベースに突っ込んだ。「久々のヤフードームだったし、自分を奮い立たせようと思った」。気持ちの入ったヘッドスライディングが内野安打となると、ベンチのムードは一変。この回打者9人で4安打4得点と一気の逆転につなげた。
 川崎にとって64日ぶりの本拠地。その復帰戦で今季3度目の猛打賞をマークした。1番打者として5打席で4度出塁し、3度ホームを踏んだ。「それが仕事だし、できてうれしい」。元気印の完全復活に加え、左太もも違和感で2試合欠場した多村もこの日から戻った。打順こそ異なるが、開幕当初のベスト布陣が本拠地で再現された。多村、ブキャナンも猛打賞。今季3度目となる1試合3人の猛打賞を記録して、川崎のカムバックを祝った。
 4月10日に右手中指を骨折し、地道なリハビリを重ねた...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/655-28f7a868

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。