スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東監督 報道陣に「寄るなっ!」 

選手たちを動かした勇気の手紙
 練習後、帰りの車に向かう西武・伊東監督が報道陣に向けた言葉には怒気さえ含まれていた。 「寄って来るなっ!」 チームは10連敗で最下位に低迷。阪神戦を控えた12日には本拠地のグッドウィルドームで練習を行った。移動日明けにもかかわらず、ベテランの和田やカブレラまでも参加。異例の全体練習で精力的に汗を流した。連敗が止まるまで試合後の会見を拒否している指揮官は、この日も取材拒否。泥沼から抜け出せないチーム状況の中、最後までピリピリムードを漂わせた。 現在10連敗中で借金10の最下位。13日の阪神の先発予想は左の中村泰だが、不吉なデータは今季相手先発が左投手だった試合は1勝15敗。敗れれば球団初年度の79年に12連敗を喫して以来の11連敗で、96年以来の借金11となる危機だ。5月8日の貯金8から24試合で3勝21敗。そんな苦境の中でも伊東監督は選手を責めずに「下を向くな!」とゲキを飛ばし続けている。11日の横浜戦(甲府)で左足薬指に死球を受け、所沢の病院で「打撲」と診断された中島は「もし骨が折れていても、それを隠して試合に出るつもりだった」。選手のモチベーションも下がってはいない。 昨季まで25年連続Aクラスの常勝軍団。上位浮上へプライドを捨てて、まずは目先の1勝を目指す。 ≪松坂が激励電話≫連敗地獄にあえぐチームを、海の向こうで怪物も心配している。レッドソックスに移籍後も西口、涌井らとひんぱんに連絡を取り合って古巣の状況をチェックしている松坂は、数日前に同学年の守護神・小野寺と国際電話...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/708-702807ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。