スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムさん審判にアリガトウ…昇格即!中島V打 

選手たちを動かした勇気の手紙
 ◆楽天3−2横浜(17日・フルキャスト宮城) 幸運の使者は、敵でも味方でもなかった。2点を奪った2回2死二塁。嶋の二ゴロに見えたが二塁塁審・有隅の足に当たって安打になった。続く渡辺直が3点目の中前適時打。1点差で逃げ切っただけに、値千金のラッキーヒットとなった。 前日16日は先発・松崎が狭いストライクゾーンに泣かされて2回途中KO。「きょうのヒーローは柳田球審」と皮肉った野村監督だが、一夜明けて今度は絶妙なアシスト。「(グラウンドでは)審判は石ころだからイレギュラーヒット。あそこはポイントになった」と素直に喜んだ。 純粋な意味での殊勲者は中島だ。1軍昇格即「8番・左翼」でスタメン出場し、2回に三塁線を破る2点適時二塁打を放った。オリックスから分配ドラフトで楽天へ移籍し、プロ5年目で挙げた初打点。今季イースタン・リーグで本塁打、打点の2冠を走り、アピールしてきた苦労人は「佐竹コーチから腐らずに頑張れと言われてきた。今年で最後と思って開き直った」。お立ち台ではスタンドのファンへうれしい自己紹介も行った。 ノムさんは朝井、牧田と合わせて「1・5軍トリオが頑張ったね」とご満悦。交流戦の勝率も5割に復帰し、横浜戦は3年目で初の勝ち越し。強運と若い力の台頭で、球団最速の30勝に王手をかけた。 ◆嶋の“審判直撃安打” 2回2死二塁でセカンド仁志の左へのゴロが有隅塁審に当たり一、二塁間へ。仁志が捕球して本塁へ送球したが、大きくそれて二塁走者の中島が一度は本塁を踏んだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/717-59b77630

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。