スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハム12回最長5時間53分お疲れドロー 

BBM2007横浜ベイスターズ BOX
<日本ハム6-6横浜>◇14日◇札幌ドーム
 5時間53分でも白黒つかず-。日本ハムは延長12回を戦い、6-6で横浜と引き分けた。試合は吉川光夫投手(19)と横浜工藤の54年ぶりとなる25歳差先発対決でスタート。逆転再逆転のシーソーゲームに横浜大矢監督の退場とドタバタ劇の末、8回からはこう着状態に。14安打を放ちながらあと1本が出ず、勝ち越しに失敗した。交流戦および球団の最長試合時間新記録となる5時間53分を戦いながら、痛み分けに終わった。
 あと7分で日付が変わっていた。着替えを済ませた平野外野守備走塁コーチは「明日休みだと思ったらもう試合なんだ~」と、日付変更後の帰り道をぼやいた。記録ずくめとなった今季最長5時間53分の一戦は決着付かず。選手たちも一様にグッタリした表情だった。
 両軍25安打の大乱戦は、まずは54年ぶりとなった「25歳差対決」から幕を開けた。44歳工藤と投げ合った19歳の高卒ルーキー吉川は制球に苦しみ、6回途中で降板。「結果、逆転されて自分自身に悔しい」。目標としている左腕との記録的対決で、プロ2勝目はならなかった。
 試合時間は昨年6月にマークした5時間22分の球団記録を更新。5日楽天-阪神で記録した5時間26分も上回る交流戦新記録にもなった。00年8月29日のパ・リーグ記録(5時間32分)をも上回り、パ球団が経験した最長ゲーム。最寄りの地下鉄福住駅の最終に間に合わないファンが続出する“異常事態”となった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/723-ab8430af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。