スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古田監督が敵将に“予告先発”お願い 

 アストロ球団 第一巻 / 林剛史
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000012-dal-base
 ヤクルト・古田敦也監督(41)が7日、8日からの日本ハム2連戦に向けて、敵将ヒルマン監督にメディアを通じて“予告先発”をお願いした。「うちにも先発を教えてくれるでしょう。(予告先発は)こちらは大丈夫です」と話した。
 13連勝中の日本ハムに対し、リーグ最下位に低迷する古田監督から“おねだり”だ。発端は6日の日本ハム対広島で、ヒルマン監督とブラウン監督が紳士協定を結んで、先発投手の情報を事前に交換したことにある。
 ヤクルトはこの2連戦、日本ハムの先発を吉川とダルビッシュと読んでいるが、吉川を飛ばし、ダルビッシュとグリンという可能性も捨て切れないのが実情。
 日本ハムの強さについて「投手力がいいから点は取れない。ロースコアの戦いになるでしょう。どの投手かにもよるだろうけど」。交流戦無敗の日本ハムに対し、先発投手の情報だけでも先に知り、万全の備えで戦いに臨みたい考えだ。
 試合が行われる松山は、自身が2000本安打を達成し、記念碑もある愛着ある球場。そんな背景も手伝ってか、古田監督は「勝ちたい。勝ちたいね」と二度繰り返した。
 古田監督のお願いは、ヒルマン監督に届くか-。低迷脱出のため、古田ヤクルトがなりふり構わず、勝ちにいく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/726-659a9d3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。