スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大朗鎮が汚名返上、東莞三星鋼材加工が稼働し世界500強が入居 

アリスト JZS160 ZEES CYBER(サイバー)GT-Ti スタンダード
 大朗鎮から得た情報によると、東莞三星鋼材加工有限公司は同地区での生産開始を発表し、これまでの同地区における世界500強企業の投資プロジェクトがゼロという汚名記録を塗り替えた。また三星物産株式会社は、新工場の初期生産ラインの年間加工能力は8万トンに達し、年間生産価値は8億元に上ると発表した。 東莞三星鋼材加工有限公司は、三星物産が初めて東莞市に投資したプロジェクトであり、また大朗鎮に導入された初の世界500強企業でもある。同社は三星物産と三星香港公司が共同投資し設立した独資会社。初期投資額は500万ドルで、主にステンレス亜鉛板・常温圧延板・アルミ板など高級鋼材の特殊加工および販売を行っており、家電品・パソコン製品の外枠および内部部品に使用されている。 三星鋼材は大朗鎮富民工業パークに位置し、占有面積は37ムー(約246アール)となっている。(編集 HY)

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/746-c2c8d5b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。