スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ新社長就任でも続く日枝氏の独裁体制! 

DVD さよならエマニエル夫人 【ユニバーサル・ザ・ベスト¥1800 第6弾】
「今回のトップ人事はまったくの予想外。特に、社長に関しては異例の大抜擢でした」(経済部記者)
 先月16日、フジテレビは豊田皓常務の新社長就任を発表した。
「豊田氏がその知らせを聞かされたのは、わずか1週間前のことだったそうです。自らも周囲には『今回の人事は青天の霹靂』と語っていました」(同)
 新社長となる豊田氏は、71年に成城大学を卒業後、フジテレビに入社。20代から30代の間、社会部記者として報道に携わり、97年に営業局長、01年には取締役に就任。近年は、主に営業面の仕事に従事していたという。
「総務から制作、営業までを経験しているため、組織を熟知しています。作家の椎名誠とも深い交流があったりと、人脈も幅広く、性格も温厚。また、大の読書家で、学生時代には小説やシナリオを書いていたようです。労組上がりの日枝久会長とは、正反対の人物なのですが、それがテレビ局の経営者として、吉と出るか凶と出るか……」(フジテレビ関係者)
 そんな豊田氏の大抜擢の陰で、涙をのんだ人物が2人いる。宮内正喜専務と山田良明常務だ。
「当初、社長には、この2人のどちらかが選ばれるとみられていました。しかし、宮内氏は系列局の岡山放送の社長となり“都落ち”。まあ、宮内氏は、社内でも『今のポストは、日枝氏へのゴマすりのおかげ』と陰口を叩かれるなど、評判はよくありませんでした。昨年の株主総会で株主からの質問に対し、事前に用意された台本を棒読みするだけで、経営者としての資質は皆無...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/766-c4232c25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。