スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉見完封!投げて打って独り舞台 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
 【横浜5−0ソフトバンク】本拠地のお立ち台で大歓声に応える吉見は自信にみなぎっていた。04年10月14日の広島戦(広島)以来3度目の完封勝利。「ここ(横浜)で完封するのは初めてなので本当にうれしい」 投げて打って、まさに独り舞台だった。マウンドでは140キロ台の直球にカーブ、チェンジアップを織り交ぜて果敢に攻めた。3回1死満塁、8回1死一、三塁のピンチは和歌山・星林の先輩・小久保をいずれも100キロ台のチェンジアップで仕留めた。「遅い球は自分の武器。ビビッて投げたら打たれる」。今季打率・429の“恐怖の9番打者”はバットでも魅せる。2回に新垣の154キロ直球をとらえ先制の左前打を放つと4回にも左前打。「何でですかね。たまたまです」と笑った。 6月の福岡遠征。小久保の紹介で知り合った2軍調整中のソフトバンク・斉藤和と福岡市内で食事をした。昨年1月の合同自主トレ以来「野球の取り組み方のすべてで尊敬できる人」と慕うエースに「(今季未勝利ながら)まだ先は長いし、頑張れ」と励まされた。 入団2年目の02年に11勝を挙げ03年には開幕投手も経験した。昨季は伸び悩み2勝に終わったが、今季は11日の西武戦で初白星を挙げると、強気の投球で連勝を飾った。 チームは過去交流戦2勝10敗と苦手にしていたソフトバンクに3連勝。「(若林)オーナーに“あすも勝てよ”と声を掛けられました」と大矢監督。吉見に続き、古巣相手に2勝目を狙う寺原で借金完済を狙う...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/769-3089ce69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。