スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工藤44歳2勝 悔しい2失点8回途中無念の降板 

BBM 横浜ベイスターズ 2007
 ◆ロッテ2-4横浜(25日・千葉マリン) 「湾岸ダービー」でオジサン左腕が躍った。44歳1か月の横浜・工藤が、7回2/3を6安打2失点。5月23日の西武戦(グッドウィルドーム)以来、約1か月ぶりの2勝目をマークした。ロッテをパ首位から引きずり降ろし、チームも5連勝で貯金3。メジャーで好投を続ける39歳桑田より、5歳年上の超ベテランが、輝いた夜だった。
写真はコチラ

 横目で工藤がベンチを見た。斉藤投手チーフコーチがベンチから出てくるのを確認すると、両手をひざに置き、下を向いた。「完封の意識? ありました。リリーフ陣を休ませたかったし」8回2死一、二塁のピンチで福浦に中前適時打を許し1失点。1950年、若林忠志(毎日)が作った最年長完投(完封)記録の57年ぶり更新まであとアウト4つで降板した。

 それでも、今季最長となる7回2/3を6安打2失点は胸を張れる。「腕が振れていた。相川がうまくリードしてくれた。ボール球をうまく振らせることができた」と振り返った。約1か月ぶりとなる今季2勝目。44歳の快投がチームを3度目の5連勝に導いた。

 「俺は2度汗を出し切らないとダメなんだよ」と、立ち上がりに不安を抱える男が1回、簡単に3人でかたづけ、上々のスタートを切った。3、7回と2度のピンチもしのいだ。8回に福浦に打たれた中前安打は、中指のマメがつぶれ直球がすっぽ抜けてのものだった。117球。「湾岸ダービー」に集まったファンを魅了した。

 試合後、「工藤コール」が止まらなかった。すっかりハマの顔になった証拠だった。移籍後、常にファンサービスを考え、妻・雅子さんは暇を見つけては横浜スタジアムに足を運んだ。外野の応援席に座り、アイデアを探した。持ち帰っては工藤と相談。直筆でサインを入れた「工藤カード」に当たりと外れを入れ、当たりの人には後日観戦に来た時にプレゼントを渡すなど、ファン獲得に貢献している。

 大矢監督も「力強いと感じたのはきょうが初めてだった」と驚く快投。チームの貯金も3となり、2位・中日に2・5差と迫った。26年目左腕がナインに大きな勇気を与えた。
(引用 yahooニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/785-e356c894

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。