スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[プランクトン]敦賀原発の発電に影響 損害35億円? 

ゲルマパワーで健康波動NEWゲルマニウムブレスレット送料無料!メール便出荷【代引不可】 【連...
 3週間余りで、約35億円の売電収入を失った?!――。今年5月末、大量のプランクトンが海水取水口に押し寄せた日本原子力発電(原電)の敦賀原発2号機(福井県敦賀市、加圧水型軽水炉、出力116万キロワット)で、発電出力を40%に落として運転した結果、こんな“損害”が出ていることが分かった。原電は「発電所稼働から37年間で、プランクトン被害は初めて。今後はクラゲとともに対策が必要」と警戒している。 長さ5センチほどの「トガリサルパ」と呼ばれる、ゼラチン状の大型プランクトン。日本海では4~5月に、数年置きに大量発生することがあるという。 原電によると、目詰まりした2系統あるフィルター(ステンレス製、厚さ3ミリ、半径1.2メートルの扇形)を片方ずつ清掃するため5月29日午前3時20分、出力を40%まで落とした。ところが1系統の清掃が終わって通水を再開した直後の今月2日、再び大量に押し寄せた。フィルター36枚のうち5枚が破れ、13枚が変形。今月20日夜、ようやく出力100%に戻った。 原電は、電力を関西、中部、北陸の各電力会社に販売。売価は非公表だが、原電保有の3機の原発が発電した155億キロワット時で1551億円の売電収入があった昨年度の決算を基に算出すると、2号機の出力を60%分落として失った売り上げは、1日約1億6000万円にもなるという。【平野光芳】

(引用 livedoorニュース)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/787-5e15734c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。