スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 金城、工藤の活躍でロッテ降す 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000014-maip-spo
 ○横浜4-2ロッテ●(交流戦)
 横浜は金城と工藤の活躍で5連勝。金城は二回に先制の6号、三回には1死二、三塁から2点三塁打を放つなど4安打。工藤はカーブが有効で、完投こそ逃したが1カ月ぶりの2勝目。ロッテは終盤の反撃も遅く、首位から陥落した。久保は今季の交流戦初黒星。
 ▽横浜・大矢監督 工藤は今季初めて力強さを感じた。バックもよく守った。集中力が高いレベルで続いている。
 ▽ロッテ・バレンタイン監督 (2位転落に)けが人が多いから。彼らが戻ってくれば、また素晴らしいペナントレースができるはずだ。
 ▽ロッテ・久保 調子はよかったが、コントロールが悪かった。登板間隔(中11日)が空いたのは関係ない。
 ○…5月23日以来の2勝目を挙げた横浜の44歳投手、工藤。カーブの切れがよく、高めの直球との組み合わせで七回までは4安打の完封ペースだった。八回福浦に中前適時打を浴びて交代。「あのときマメがつぶれて、外すつもりが真ん中に行ってしまった。あまりど真ん中で福浦君もびっくりして中前打で済んだ」と冗談まじりに話した。若林忠志(毎日)の42歳8カ月での最年長完封・完投記録を57年ぶりに塗り替えることはできなかったが、本人は「できれば九回まで行きたかったが、それより連勝を止めなくてよかった」と満面の笑みを浮かべた。 
 ○…横浜・金城が大当たりだ。二回に2試合連続となる6号ソロを放つと、三回には右中間に2点三塁打、五回にも投手強襲の安打を放った...

ニュースの続きを読む


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/790-9c8b875e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。