スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<原爆被爆者>食道がんリスク、一般人の1.52倍…放影研 

 映像の世紀(5)世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆
,, 日米共同研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)は27日、原爆被爆者が食道がんにかかるリスクは、被爆していない人に比べて1.52倍になるという解析結果を発表した。これまで被爆と食道がん発症の相関関係は明確になっていなかった。被爆時に20歳未満だった女性が、子宮体がんにかかるリスクも関連が見られたが、症例が少ないため、今後調査を継続する。
 放影研が追跡調査している約12万人の集団から、対象期間の1958~98年にがんと診断された1万7448件の症例について、被ばく線量を推定する新しい計算式「DS02」を使って解析。これまで胃がんや乳がん、甲状腺がんなど11部位のがんでは、発症リスクと被爆の相関関係が報告されていたが、食道と子宮のがんでは初めて関連が見られた。DS02の導入で、リスク評価の精度が高まったことなどが理由と推測される。
 被爆時年齢30歳の人が70歳になった時、被爆していない人に比べてがんにかかるリスクは1.47倍(男性1.35倍、女性で1.58倍)。被爆した年齢が若いほど発症するリスクが高くなるなど、放影研が94年に旧計算式「DS86」を使って58~87年の症例を解析した結果とほぼ一致した。
 また、がん発症リスクの増加と被ばく線量の関連も詳細な解析を試み、線量0.15グレイ(屋外で遮へい物がない場合、広島で爆心地から1.85キロ、長崎で2キロ)以上では相関関係があった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/810-4c1ce1ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。