スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中、憧れの巨人に勝った!球宴ノルマ5勝!出た最速152キロ 

疑惑(期間限定)
 ◆楽天10-6巨人(26日、フルキャスト宮城) 巨人よ、見たか! 楽天のルーキー田中がセ・リーグ首位の強力打線を相手に7回6安打4失点。両リーグを通じて新人トップタイの5勝目を挙げた。自己最速を更新する152キロをマークするなど7奪三振。高卒新人ではドラフト制後7人目となる巨人戦初登板勝利を達成した。幼いころからG党だった右腕が、昨秋のドラフト直前で指名回避された悔しさをプロのマウンドで晴らした。一方の巨人はマー君の気迫に圧倒されて、ミスで自滅。今季、初顔合わせの先発投手12人目で初めて白星を献上した。
写真はコチラ

 大雨のように鼓膜をたたく歓声に驚いた。田中はお立ち台でいたずらっぽい笑みを浮かべながら、スタンドを見回した。「交流戦の最後を勝ちで締められて本当によかった。完ぺきな内容じゃなかったけど、勝ったのでよしとします!」いつもよりかん高い声に、特別な1勝への喜びが表れた。

 「どこからでも本塁打が打てる打者がそろって気が抜けない。本当に疲れた」居並ぶビッグネームと18・44メートルを挟んで対峙(じ)。ひりつくような緊張感を力に変えた。

 高橋由、小笠原、阿部、李。左打者の懐を厳しく突いて、課題の立ち上がりを乗り切った。3点を先制した直後の3回、高橋由に交流戦初の2ランを被弾したが、心は折れない。6回1死満塁。李への4球目に自己最速の152キロを出した。「本気で投げたのでいったかな、と思った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/811-d8ee8723

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。