スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄さの中に両極の融合――新型「クレドール ノード」 

俺ってこんなにパッティングうまかったかなぁ?イナゾーンFTRパター
 セイコーウオッチは高級腕時計ブランド「クレードル」の新製品として、シンプルかつ繊細さをモダンに表現した「クレドール ノード スプリングドライブモデル」を7月より販売開始する。価格は71万円400円より。

 「bipolar」(両極の)をコンセプトに、対照的な要素を融合させることでお互いを引き立てあうことを目指したドレスウオッチ。格調の高さを感じさせる落ち着いたデザインながらも、「2」「4」「7」のみが大胆に配置された文字盤や円形にまとめられたパワーリザーブインジケーターなどの作り出す陰影が、静謐さだけとは言い切れない雰囲気を演出する。

 ゼンマイで駆動し、水晶振動子とICで針の動きを制御する同社独自の「スプリングドライブ」の中でも最も薄型(3.6ミリ)の「キャリバー7R88」を搭載。ケースはシャープな面の組み合わせで構成されており、重量感のあるデザインが主流を占める機械式時計の中で、シンプルさと繊細な美しさがスリムなボディが存在感を主張する。

 ケースとバンド素材によって3タイプが用意される。18Kホワイトゴールド(ダイヤモンド60個入り)/クロコダイルバンドの「GBLH997」が210万円、18Kピンクゴールド/クロコダイルバンドの「GBLH996」が168万円、ステンレススチール/ステンレススチールバンドの「GCLH997」が71万4000円。

(+D Style)
ヴィンテージスポーツカーをイメージしたクロノグラフ腕時計
ルイ・エラールの機械式腕時計「1931」「ヘリテージ」

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/826-408c68a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。