スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金本“マー君よ全力で来い” 

BBM 東北楽天ゴールデンイーグルス 2007年版 BOX
 阪神・金本知憲外野手(39)が18日、楽天・田中将大投手(18)に“力と力の勝負”を求めた。20日には2度目の対決が予想される。練習休養日のこの日は自宅で静養した金本。昨夏以来10カ月ぶりに甲子園に“凱旋”するマー君に対し「気合入れて来い」と訴えかけ、21歳年下のルーキーの魂を揺さぶった。
 心が躍る。
 プロ16年目。39歳の心が、18歳の魂に動かされた。楽天・田中将大との2度目の対戦に、金本の気持ちが高揚する。
 高校時代の輝かしい実績や、プロ1年目での躍進だけが理由ではない。その風貌(ぼう)や雰囲気に他とは違う特別なものを、金本は感じている。仙台での初対戦(6日)で、その思いは一段と強くなった。
 「ああいうタイプは好きやな。目つきがいい。表情も変に作ってない。ハートで投げるタイプやろ。(川上)憲伸もそうやけど、投球に魂を感じるよ」
 金本が年齢やキャリアに関係なく1人の投手に対し、ここまで言うのは珍しい。前回対戦では3打数1安打。その1安打は、田中が投じたこん身150キロ速球をはね返した左翼への二塁打だった。そして田中もまた、ほかならぬ金本への熱い思いを胸にマウンドへ上がっていた。
 「意識したのは金本さんです」
 安打を許した打席では、全球直球勝負を挑んだ。敗戦後、田中との次回甲子園での対戦について聞かれた金本は「球界のために頑張って下さい」とエールを送っていた。
 練習休養日のこの日、所用で甲子園に出向いた以外、自宅で静養した金本は、田中の登板日が気になった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/831-dd3eca6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。