スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マー君後援会」故郷・伊丹に誕生へ 

ハンカチ王子と老エース
 楽天の黄金ルーキー田中将大投手(18)の故郷、兵庫・伊丹市に地元後援会が発足することが21日、分かった。12月の正式な立ち上げを目指し、すでに田中の実家サイドと伊丹市の商工会議所関係者で基盤づくりの協議を開始。7月に決定予定の発起人には市内の関係団体も名を連ねることになり、田中の右腕が“町おこし”にも一役買うことになる。 ≪“町おこし”にも一役≫田中に強力な援軍が誕生する。生まれ育った伊丹市を挙げての“公認”後援会がそれだ。立ち上げに向けて活動を始めた関係者は「基盤づくりが始まった段階。伊丹商工会議所と田中くんの親族とで話し合いを進めており、12月に正式発足し、活動を開始しようと考えている」と明かした。 楽天入団直後、両親をはじめとする地元では、プロでの実績がないことを理由に、当面は後援会を設立しない意向を示していた。だが、田中は開幕からチームで唯一、ローテーションを守ってチームトップタイの4勝。球宴ファン投票でもトップをキープするなど、人気、実力両面で認められるようになったことで田中本人、両親らも設立へ前向きになった。 後援会設立で大物ルーキーにはもう1つの役割も課される。伊丹市は現在、伊丹空港があるものの、市自体の産業や人の流れが停滞気味。関係者によれば「7月に発起人を立てる予定で、市の青年会議所、PTA連合、社会福祉連絡会などの団体からと考えている。地元の活性化につなげたい」...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/837-d1e8bd86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。