スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オビスポ快投!!支配下登録合格 

シャルドネ・セントラル・コールト[2005]カレラ
 ◆イースタン・リーグ ヤクルト0−1巨人(28日、戸田) 巨人の育成選手ウィルフィン・オビスポ投手(22)が28日、イースタン・リーグのヤクルト戦(戸田)に先発し、7回2安打無失点6奪三振の好投を披露した。支配下登録選手への最終テストでの「満点投球」で、内定していた昇格を揺るぎないものとした。 ドミニカ共和国出身の右腕はこの日、最速154キロの剛速球にスライダーとチェンジアップを織り交ぜ、ヤクルト打線を手玉に取った。「大事な試合ということは分かっていました。今まででいちばん良かったと思う」課題だった制球力も改善し、四球も1つだけ。ネット裏から視察した清武代表は「努力して力をつけた。ラストチャンスをつかむ男だ。もうひとつ高いところ(1軍)で努力してほしい」と昇格を約束した。 苦労して日本の水に慣れた。入寮後、全く意味の分からないテレビを毎日見続けて、日本語に慣れた。当初は自由奔放な言動で異端児と言われたが、今では日本語でジョークを連発するムードメーカー。最終テストのマウンドでも、内野陣からの激励に助けられた。 広島入りした原監督は「彼が1軍のマウンドに上がれば、何よりファンが喜ぶでしょう。彼には常時150キロを超えるスピードボールがある。大きな可能性がある」と期待を寄せた。いよいよV奪回への最終兵器が戦列に加わる。写真はコチラ

(引用 livedoorニュース)






<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/847-aaea821f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。