スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池サヨナラ弾!横浜5割に復帰 

2007 BBM 横浜ベイスターズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000005-spn-spo
 【横浜4-3ソフトバンク】同点の9回1死から、横浜は途中出場の小池がプロ入り初のサヨナラ弾。堅実な守備と長打力で05、06年と100試合以上出場したが今年は不調に苦しみ2軍落ちも経験。「子供がテレビを見て“(試合に)出てないね”と言ったのを聞いて寂しかった。両親や妻、支えてくれた人に感謝しています…」と話すと目を赤くして言葉に詰まった。小池の劇的な復活弾で過去の交流戦2勝10敗と苦手にしていたソフトバンクに4連勝。勝率5割に復帰した。大矢監督は「(小池は)大きな1点を取ってくれた。(5割で)スタート地点にたどりついた。交流戦は勝ち越したい」と上機嫌だった。

 <ソフトバンク 今季初の4連敗で交流戦負け越し>ソフトバンクは9回に水田が小池にサヨナラ弾を浴び、今季初の4連敗。王監督は「何だよ、小池も石井も1号(本塁打)だって?」と珍しく声を大きくして悔しがった。大村を1番に戻し、今季初めて川崎を3番、多村を5番に据えた。だが、川崎は無安打、多村は2回に自打球を受け途中交代。打順組み替えは実らなかった。貯金5を目標に掲げた交流戦で、初の負け越しが決定。指揮官は「まあ、先があるんだから、頑張りましょう」と、自らに言い聞かせるように話した。





<% amazon %>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/869-79c85aa2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。