スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[宮沢元首相死去]日本経済の難局で手腕発揮 

快音団/人生、苦もありゃ野球があるさ~punkプロ野球応援歌~
 28日死去した宮沢喜一元首相は、85年のプラザ合意後の円高不況、バブル崩壊、景気の長期低迷など、日本経済の難局に積極的な財政運営で立ち向かう「合理的なケインジアン(有効需要創出派)」(財務省幹部)として知られた。とりわけ日本経済が景気低迷で金融危機に直面しつつあった98年発足の小渕恵三内閣では、その手腕を買われて蔵相(01年1月から財務相)として再登板。昭和恐慌時の高橋是清氏以来の首相経験者の蔵相復帰で「平成の是清」と、もてはやされた。 86年の第3次中曽根内閣で蔵相に就任した宮沢氏は、プラザ合意後の円高不況対策の積極財政が、その後のバブルの遠因になったとの批判もあったが、自ら「私はケインジアン」と名乗るほど、理論に裏付けられた積極財政論を信奉した。

宮沢氏が蔵相として最も手腕を発揮したのは、日本経済が戦後最悪のマイナス成長となった98年の再登板だった。 前年の97年11月に北海道拓殖銀行、山一証券などが相次ぎ破たん。金融不安が広がり、日本経済に暗雲が垂れ込めた。財政再建など改革路線を進めた橋本龍太郎内閣が退陣。98年7月発足の小渕内閣で再登板した宮沢蔵相は、公共事業など総額50兆円超の経済対策と6兆円の恒久的減税という積極財政に転じ、財政再建よりも景気浮揚を最優先した。 当時としては過去最大の31兆円の新規国債を発行し、大規模減税と合わせて公共事業など景気刺激策を打ち出した99年度予算編成では、当時、横浜ベイスターズの抑えのエースだった佐々木主浩投手になぞらえ「大魔神を1回から登板させたようなもの」と、ユーモアを交えて語った...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆横浜ベイスターズ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆横浜ベイスターズ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/889-a0467726

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。