スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土肥“Gキラー”復活!背筋痛で中15日もチームトップ7勝 

■セール■BBM 横浜ベイスターズ 2007
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000072-sph-base
 ◆巨人3-8横浜(3日・長崎) 下は向かなかった。土肥には味方のエラーもカバーできる自信があった。2点リードの5回2死一塁。小笠原の中堅への飛球を金城が落球し、失点。1点差に迫られ、なお2死二塁と一打同点のピンチ。「いつもタツ(金城)には助けられてるから何とかしたかった」次打者・阿部の打球を今度は好捕した金城を拍手で迎えた。
写真はコチラ

 最後まで冷静だった。初回、無死一、三塁のピンチを無失点で切り抜け「あれで乗れた」。6回には2死からホリンズにこの日、初の四球を与えた。ベンチ内で大矢監督と斉藤投手チーフコーチが交代機を相談しているのが見えた。

直後に一塁けん制で走者を刺してチェンジ。意地でも途中降板は避けたかった。

 「ランナーは出してもホームは踏ませないという強い気持ちで投げた」。6回を7安打2失点(自責点1)で、チームトップの7勝目。今季巨人戦の3勝は、すべて土肥の先発試合。通算では13勝3敗と“Gキラー”健在を堂々とアピールした。

 6月23日に首から背中を痛め、出場選手登録を抹消。同時に首脳陣からこの日の巨人戦先発を告げられていた。1軍に帯同しながら、下半身強化に取り組んだ。「かなり走れた。中15日? さすがに手元が狂ってた」そう笑いながらも“お得意様”相手だけに自然と修正できた。登録即先発で好投し、チームの連敗も止めた。大矢監督も「ていねいに強力打線を抑えてくれた」と頼もしいキラー左腕をねぎらった...

ニュースの続きを読む




◆大矢監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆大矢監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yokohamakotoshikoso.blog101.fc2.com/tb.php/904-2ffaa282

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。